<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2018年 06月 14日
内心のところ

僧坊弁の異常が分かったとき、内心とても動揺した。
手術をしない限りは治らないこと、その手術も心臓を一旦止めるような危険を伴うものであること、はっきりしないがかなり長い期間入院が必要になること、当然ながらその間仕事には行けないこと、そして妻や家族に相当な負担をかけてしまうこと、などなど。。
考えれば考えるほど、重い気分になって怖くなる。そもそも手術をしたとしてもその後後遺症だって残るかも知れないし、もしかしたら仕事を続けられないような体調になる可能性だってある。


妻には最初の病院で異常を告げられた時に、どうもこういう病気になったらしいと説明はしたけど、正直ピンと来ていないようだった。無理もない。今まで大きな病気もなく暮らしてきて、いきなり心臓手術でヤバいなんて言ってもその意味や重さが伝わるわけがない。
妻にそれ以上言っても心配をかけるだけだと思って、ネットで知った弁膜症手術の詳細やリスクのことは話さなかった。後になって考えるとこれは良くなかったと思う。身近なところで不安や心配を吐き出せなくなったことで、僕は自分でもはっきり分かるくらいメンタルが落ち込んでいった。

年が明けて術前検査が近づく頃には、家から出来るだけ出たくなく、他人にもなるだけ会いたくないというプチ鬱(いや本鬱かも)状態になってきていた。




[PR]

by jellyfishcafe | 2018-06-14 01:34 | 僧房弁閉鎖不全症 | Comments(0)
2018年 06月 01日
段階がある道程
T医師の「今すぐ手術というわけじゃない」という言葉は本当で、実際には心肥大が判明してからも手術の決断までには事前の検査や状態の評価などいくつも段階があるのだった。
これは後で知ったのだけど、心臓に限らず大きな手術を行う場合には必ずガイドラインで定める基準に適合するか、評価判断をする必要がある。弁膜症(心臓病)の場合は日本循環器学会というところが出しているガイドラインが基準になっていて、これに治療・手術をするべき状態やタイミングが定められている。
なので、心肥大していることが分かっても果たして手術すべきかどうかの判断は、色々な検査をしてガイドラインに照らしてみないといけないのだ。

T医師から示された手術に向けての段取りというか道程は以下のようなものだった。
1、血液検査
2、経食道心臓エコー検査
3、心臓カテーテル検査
4、1~3までの結果を評価
5、心臓外科手術を判断
6、手術を受ける病院を決定
7、紹介状、医療情報を送付
8、手術先病院の心臓血管外科外来を受診
9、手術先病院で必要な検査
10、入院日、手術日を決定
11、入院→手術

6から先については、このH総合病院でも心臓手術は実施しているが、通常、高齢などで転院が出来ない状態の患者さんの場合が限るので、移動に問題がないならばやはり大学病院の外科に行って手術を受けるのが良いだろうという助言からだった。
そう言えば僕はなんの根拠もなく、手術もT医師が担当してくれるのかと思っていたのだが、考えてみればT医師は循環器科の医師で、外科手術をするのは心臓血管外科なのだった。T医師を信頼してこの病院を選んだだけに、肝心の手術を別病院でやるというのはなんだかとても不安な気持ちになった。



[PR]

by jellyfishcafe | 2018-06-01 02:40 | 僧房弁閉鎖不全症 | Comments(0)