2014年 06月 25日
「Japan × Colombia」
>>『【W杯】日本がコロンビアに完敗、決勝T進出ならず』
サッカーW杯ブラジル大会(2014 World Cup)は24日、クイアバ(Cuiaba)でグループCの試合が行われ日本は1-4でコロンビアに敗れた。ジャクソン・マルティネス(Jackson Martinez)が2点を奪ったコロンビアは3戦全勝とし、勝ち点1に終わった日本は敗退が決まった。


まさに完全なる敗北。たとえ得点差が1-2だったとしても「完敗」と呼ぶべき内容でした。
集中が切れ、最後まで走りきれない選手たちを見て、ぼくらはコンフェデ杯で明らかに
なった課題を克服できないまま、本番に臨んでしまったのだなあと痛感しました。

日本代表の実力は総じて4年前より高くなったと思います。
アルベルト・ザッケローニも日本人の特性を良く理解して「ポゼッションサッカーが出来る
新しい日本代表」の強化に尽力してくれたと思います。
けれど、やっぱりまだまだ日本サッカーには南米開催のW杯という特別な大会を戦い抜く
チカラがないのだと痛感しました。これは選手や監督だけの問題じゃありません。

今回、日本代表は大会前の準備も、相手国を考慮した選手の交代プランも、各選手の
コンディション調整も、そして各種報道や応援のあり方もその全てが稚拙だったと思います。
この四年間で欧州ビッククラブでプレイする選手も増え、例え先制されても落ち着いて逆転に
持ち込める試合運びの巧みさも知った代表チームでしたが、「四年間の経験の蓄積を本大会で
発揮する」という点において、今回は何も出来なかった。全く何も出来なかった。
それがとても無念です。

非常に悔しい大会になってしまったけど、これだけ学ぶことだらけの大会もありません。
今大会の大きな負の経験を糧としていつか結果に結び付けられなければ意味がありません。
サッカーは続きます。
[PR]

by jellyfishcafe | 2014-06-25 23:15 | football | Comments(0)


<< 「真っ当」      「Japan × Greece」 >>