2014年 06月 12日
「2000GTの憂鬱」
>>『30メートルの大木倒れ、名車「トヨタ2000GT」大破』
8日午前9時45分頃、富山県南砺市菅沼で国道156号沿いの斜面に生えていた高さ約30メートル、直径約1・9メートルのブナの木が道路を横切るように倒れた。通行中の乗用車を直撃し、運転していた奈良県大和郡山市の男性会社員(28)が腕などに切り傷や打撲で全治10日の軽傷を負った。


クルマ好きならずともこのニュースに仰天したヒトは多かったと思う。
道沿いの街路樹が倒れる被害は結構最近増えてきてると聞くけど、
1、倒れた大木が高さ30メートルの巨木で、
2、しかも道路側に向かってバッタリ倒れ、
3、その時、そこにたまたま通りかかったクルマがあって、
4、巨木がクルマを直撃してしまったが、
5、おどろくべき幸運により運転者は軽症で済んだ。
6、被害にあった車がTOYOTA 2000GTだった。

さらっと書いてるけど1~5番までの事象が起こる確率は相当低いと思う。
感覚的には宝くじに当たるくらいじゃないだろうか。運転者が軽症で本当に良かった。

そして問題はなんといっても6番である。
生産数337台。現存台数は50台を切っているという噂もあるTOYOTA 2000GTが、
「たまたまこの場所にこのタイミングで通りかかり、哀れ巨木の下敷きになってしまう」
という確率は一体どのくらいになるのだろう?
見当もつかないし、もちろん計算なんて出来ない(しない)けど、感覚的にはこれはもう
惑星直列くらいの確率(ほぼゼロ)なんじゃないの?と思う。

e0136330_22422590.jpg
My TOYOTA 2000GT (1/24)


「世界は奇跡の連続で出来ている」と良くいうけれど、もしかしたらこれはそれを実感できる
「分かりやすい一例」なのかも知れない。
しかし、それにしても愛する日本の宝が。。嗚呼。。
[PR]

by jellyfishcafe | 2014-06-12 22:49 | NEWSネタ | Comments(4)
Commented by bugscope at 2014-06-14 19:00
2000GTといえばピーターソン。
日本が誇るGTカーのドライバーが
なんで、あんなオカマみたいなジンガイなんだ!
しかも悪役じゃぁないかっ!
と、憤慨したもんです。


Commented by jellyfishcafe at 2014-06-15 02:00
>bugscopeさん
ぶはは。分かります分かります。
隼人ピーターソン、たしかに悪役としては中途半端
でしたね(笑)そんで2000GTに悪役も似合いません。
パンテーラあたりのほうがいかにもヒールっぽいのに(笑)
2000GTのパブリックイメージとしてはマイナスの貢献
ではなかったかと恐れ多くも思ってしまう今日この頃です。
Commented by トッド at 2014-06-16 12:44 x
いつも楽しく拝見させて頂いております。
この車ですが、昨日レストアの為にどこかの工場へ持ち込まれたとの
書き込みを見ました。
本当なら凄い事ですが、その修理代も凄いのでしょうね…。

パンテーラがヒールのイメージと聞いて、子供の頃にテレビマガジンで
連載していた「マシン刑事999」を思い出しました。
デトマソ兄弟なんてのが出てきて、パンテーラで主人公のポルシェ934
を妨害する(刑事なのにレースに出てる)って話でした。
スーパーカー大好きでした。ちなみにmy favoriteは512BBです。
Commented by jellyfishcafe at 2014-06-16 23:25
>トッドさん
はじめまして。Jellyfishcafeにようこそ☆
そうですか。あの2000GT早速修理にかかるんですね。
まさかあのまま廃車には出来んだろうと思ってましたが
時間はかかっても復活できそうで良かったです。
修理代、おそらく半端ないと思いますが2000GTを所有する
くらいだからそこらへんは糸目をつけない人物なんだと
勝手に推測しています(笑)

パンテーラはやっぱりヒールが似合いますよね。
あのイタリアンレッドなのにボンネット黒というお下品な
カラーリング(褒め言葉です)といい、V8エンジンの響き
といい、どう考えても適役が似合います。
あと昔のマンガでは何かというと「兄弟」が登場していた
気がします(笑)


<< 「Japan × Cote d...      「Dear REGZA Users」 >>