2014年 05月 22日
「ナゾのブソーシューダン」
 この春、ミリタリーファンのみならず世界中の人々の注目をさらったのが、
クリミア半島に突如出没した「謎の武装集団」でしょう。
21世紀の現代に「謎の武装集団」なんてものが現れたことへの衝撃は大きく、
ロ○ア軍の装備をつけてロシ○語しか話せないどう見ても○シア軍特殊部隊に
しか見えない「民兵」と名乗るその集団を、みんなある種の興奮をこめて
「ナゾのブソーシューダン」と呼んだのは記憶に新しいところです。
そして模型メーカー"ANT Miniatures"の仕事も実に早かった。

e0136330_375338.jpg
"1/35 Soldiers in Crimea 2014"


うーむ、このリアルさ。左の兵士は検問で車を止めてるポーズと推測。
モデル名称も「Soldiers in Crimea 2014」というシャレオツ度です。
もちろんロ○アの露の字も出てきません。

ただこの模型をリリースした"ANT Miniatures"はロシアのメーカーだそうで(苦笑)
願わくばこういった人達を目にするのはのは模型の世界だけにしたいものです。
[PR]

by jellyfishcafe | 2014-05-22 01:36 | クラゲノアンテナ | Comments(2)
Commented by bugscope at 2014-05-22 22:38
こういうのを見ると
僕ぁGIジョーを思い出しますです。
小学生のころ、テレビCMで
 ♪進め行くぞGIジョー
  敵は強いぞGIジョー
  (続きは失念)
てのがありましたんですけどね
結構高かったこともあり持ってませなんだが
同級生のある大企業のボンのお家へ遊びに行ったとき
押入れの中に1小隊分ほどのジョーが収容されているのを見て
生まれて初めて「格差」というものを感じましたですねぇ
といふ、せつない思ひ出。
そんでね、下衆なワタクシは
すぐさまジョーのズボンを脱がせましたのですよ
ええ、以前から知りたかったのでございます。
やはり、というか当然ながらナッシングだったんですけどね
ですが後ろを見ると
お尻にメーカー名やら何やらが刻まれていたことには
ちょっと驚きましたですよ。
うわーケツに字ぃ彫ったぁる!
といふ、ニヤリとする思ひ出…

Commented by jellyfishcafe at 2014-05-23 01:47
>bugscopeさん
GIジョー、リアルタイム世代ではないのですが知ってます。
迷彩服とかやたらリアルな出来ですよね。
ジョーのお尻のメーカー名はマテルでしたか?
古いものは今でもプレミアムな人気だと聞きます。
あ、これはbugscopeさんの専門だったかな?

総中流と言われたぼくらの世代ですがミニカーも釣り具もゲームも
すべてが「格差」を物語っておりました(笑)格差社会化なんて
最近思い出したように言ってますがあのころすでに存在してたんだよな
と思います。


<< 「The Berlinetta...      「その理由」 >>