2014年 02月 12日
「Their rules」
>>『殺処分のキリン解体を一般公開、死骸はライオンの餌に デンマーク』
デンマーク・コペンハーゲンの動物園が9日、同系交配を防ぐ目的でキリン1頭を殺処分して、解体する様子を観客に公開した。死骸はライオンなどの餌になった。
インターネットでキリンの助命嘆願活動を展開していた愛護活動家などはショックを受けている。


すごく難しい問題を内包してるニュースだと思う。
殺処分を一般公開した動物園側にまったく問題がなかったとは思わないけど、
「可哀相」とか「残酷」という理由でこの問題を批判すると、クジラやイルカ漁への
的外れな批判と同じところに着地してしまう。それは避けるべきだろう。
なのでここではコトの是非は置いておいて極私的な感想を書くことにする。

はっきり感じるのは、このデンマークの動物園は「動物を飼育・繁殖させること」に
ついて、非常に合理的で強力な「ルール」を持っているということ。
そして、その「実行」について(時として米国やアジアの人たちが冷酷に感じるほど)
揺るがない「意思」を持っていることだ。
それはキリンを引き取ると言われても、職員が脅迫されても殺処分を止めなかった
動物園の以下のコメントを見ても強く伝わってくる。

殺処分した理由について同動物園のバンク・ホルスト氏は、「キリンは国際的な繁殖計画の一環として飼育している。同計画の目的は、安定した健全な群れの維持にある」と説明。去勢などの選択肢はなかったのかという質問に対しては、「去勢すれば、遺伝子的にもっと価値の高いキリンのためのスペースが取られてしまう」と語った。


ちょっと乱暴な言い方だけど「動物は生まれながらにして優劣があり、ルールに
従った管理が必要」という考え方はものすごくアチラらしいと思う。
このへん、みんな平等だよ(実際はぜんぜん平等じゃないけど)として育てられる
日本人では理解できても納得は出来ない考え方である。
そしてこの問題についての感覚のギャップはそこに理由があるような気もする。

動物園は世界中にあるけど、その運営方針は国によって全然違う。
欧州には欧州の、米国には米国の、日本には日本の飼育や展示に対する理念が
それぞれある。さらにそれは個々の動物園によっても全然違うはずで正解もない
かわりに間違いもない。
一つはっきり言えることは、この動物園は「思慮が足りない」わけでもなければ
「命を粗末に扱っている」わけでもないということだ。
そこらへんを全て超越して「彼らのルール」を実行しているのだと思う。たぶん。
[PR]

by jellyfishcafe | 2014-02-12 01:21 | I thinking | Comments(2)
Commented by othum2bad at 2014-02-13 09:42 x
すべての生物は他の生物を食糧として自らの生命を維持しています

他の生物というのが動物であれ植物であれ、その死骸であることに変わりありません
おそらく「あなたがたがふだん食べているものの元を辿れば、このような殺処分があるのだ」
それをハッキリ意識してもらうためにあえて公開したのかもしれませんね
とかく心情的な「かわいそう」で判断する動物愛好家たちの欺瞞を増長させなかった
そのことは評価したいと思います

もっとも日本の動物園であれば、愛称をつけ、飼育員も愛情を持って接しますよね
そのような「ペット感覚」で飼育していてはそんな発想は出てこないでしょう
それもまた、本来ならば大自然のなかで自由に生きていた彼らを束縛している
そのことへの免罪符的な、愛情でそれを補えるのではないか?という
人間に都合のいい管理のしかたでしかないのかもしれませんけど・・・
Commented by jellyfishcafe at 2014-02-14 00:35
>othum2badさん
同感です。この動物園の行動の背景にはある種「教育的示唆」
みたいなものを感じます。飼育にしても食用にしてもヒトと
動物の関わりはきれい事じゃすまない部分がありますからね。

このキリンも名前がつけられてきちんと育てられていたそうです。
飼育員さんたちも愛情を持っていたと思います。
けれどそれでもやはり「安定した健全な群れの維持」のために
処分をしたというところに、安易な批判など口に出来ないような
断固とした意思を感じるんですよね。。
考えるべきところが多いニュースだと思いました。


<< 「The World is J...      「Cold Wave」 >>