2014年 01月 08日
「旅を学ぶということ」
>>『日本人夫婦死傷 専属タクシー料金トラブルで「流し」に乗車』
被害に遭った日本人夫妻は、2013年12月28日、宿泊先のホテルからレストランまで、ホテル専属のハイヤーを利用したが、その際、普通のタクシーのおよそ10倍にあたる、20ドルを請求されたことから、運転手とトラブルになり、戻る際は、レストラン手配の車を断って、流しのタクシーに乗車したことがわかった。


大変つらいニュースだけどこれは本当に他人事じゃない。
そんな危険な国にわざわざ行くなんてという批判もあるようだけど、危険情報
なんてそれこそスリやぼったくり、強盗の類まで入れたら世界の殆どの国で
なにかしらあるわけで、生命の危険がある犯罪に巻き込まれる恐れだって
同じようにある。

もちろんエクアドルが特別治安が悪いのは承知の上で、それでもこのテの
強盗殺人に遭う可能性は特定の国に限らない。日本の延長にように思える
ホノルルだって危険な地区は存在するし、マドリードやバルセロナなんかつい
最近まで「バスから降りただけで強盗に遭う」なんて言われていたのだ。

上のニュースで被害者の行動を批判する向きもあるらしいが、個人的には
行きにホテル専属のタクシーに乗ってボラられたから、帰りには別な方法で
タクシー拾って帰ろうという発想はそれほど軽率とは思えない。その場にいたら
ぼくだって同じ行動をとったかも知れない。そもそもぼったくり自体、旅行者に
とっては危険の一つでもある。
結果論で何かを語るのは簡単、けれどそれじゃ思考停止と変わらない。
尊い犠牲を無駄にしないためにも、多くの旅行者がここから何かを学び、
自分の行動(固定観念も)を見直す機会にするべきだと思う。
犠牲になられた男性は海外旅行が大好きだったとのこと。
慎んで哀悼の意を表します。
[PR]

by jellyfishcafe | 2014-01-08 01:46 | I thinking | Comments(2)
Commented by がちゃこ at 2014-01-11 12:29 x
ぼくがこの記事を読んで思い返したのは
 慣れほど危険なことはない
と云う教訓でしょうか

やはり たぶん大丈夫 は、
国や地域が違えば通じないことが多々ありますよね

このような国へ行くのには
やはりそれなりの覚悟が必要だと思います
まぁたいそうなことじゃなくて
行く国の社会情勢や文化や宗教を事前に知り
起り得るトラブルを
ちゃんと想定しているかどうかです

行きにボラれたとしても
それは帰ってホテルに抗議すれば良い
帰りにまたボラれたとしても
今度はレストランに抗議すれば良い

旅で起り得るトラブルを想定すると云うことは
「次の手」を想定すると云うことだと
ぼくはいつも思っています

Commented by jellyfishcafe at 2014-01-12 01:22
>がちゃこさん
「慣れほど危険なことはない」
ぼくも同じことを思いました。
大体ココはこういう感じ、ここはいつもコレくらい。
そういう慣れからくる思い込みが、時として非常に危険な
目の前の落とし穴を見えなくするということは間違いなく
あると思います。
そして振り返ってみると、自分もかなりその固定観念に
やられちゃっている部分があるなあと反省しました。

現地に行ったら何が起こるかは分からないからこそ、
「もし○○が起きたらこうする」「その次はこうする」
という「次の手」を想定する。そしてそれを想定できる
柔軟で謙虚な発想を忘れないこと。。
ぼくも肝に銘じておきたいと思います。


<< 「freeze over」      「Happy New Year!」 >>