2013年 09月 07日
「Beautiful Riverside #13」
e0136330_027834.jpg
Alfama, Lisbon. 2013.


Alfama地区は急勾配の丘の斜面に広がっているリスボンの「特別な旧市街」だ。
リスボンは西欧でもっとも古い街の1つなので、ある意味では街全体が旧市街みたいな
もんなのだが、そんなリスボン市街地の中で何故ここが特別かと言えば、リスボンが
1755年の大地震で火災と津波により壊滅した際に、ここだけ大きな被害を受けず
残ったため。つまり現代に残ったリスボンの「最も古い街並み」がAlfamaというわけである。

e0136330_028256.jpg


e0136330_0284993.jpg


白壁にオレンジの屋根の細長い建物。車は入れない細く複雑に入り組んだ路地。
果てしなく続くかのような階段。道端に翻る洗濯物。角を曲がると突然現れる小さい広場。
Alfamaを歩くとたしかにタイムカプセルに入ったような不思議な気分になる。


e0136330_029311.jpg


e0136330_0281974.jpg


e0136330_0292436.jpg


e0136330_0301267.jpg


e0136330_0295650.jpg


推定マグニチュード9、死者9万人を出したリスボン大震災によって、当時海洋国家
として世界を席巻していたポルトガルの国力は急速に衰えた。その疲弊はその後の
国のあり方を変え、影響は現代でも続いているとも言われている。

一発の巨大地震が国家のあり方を根底から変える危機をもたらすという事実は、
日本に住むぼくらにとって他人事じゃないどころか、明日起きてもおかしくない脅威だ。
この街は美しく可愛らしいけど、反面そういうことを伝えてる街でもあるのだよなあ。
と、古き良きAlfamaの街並みを歩いてそんなことを考えた。
[PR]

by jellyfishcafe | 2013-09-07 00:56 | Portugal&Spain2013 | Comments(2)
Commented at 2013-09-07 15:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jellyfishcafe at 2013-09-08 23:37
>鍵コメSさん
リスボン大地震は東日本大震災と同じくらいの規模だったそうです。
被害は遥かに上回りますが、それは人口密集都市だったことや時代
背景なども大きな要因だったと思います。

Alfamaの魅力ってまさにその「美しくないけど美しい」を実感できる
街並みだと思います。ドドーンと迫ってくる人間の生活感があります。
#Lastの燕はソファやクッションを売っている店の店頭に飾られてた
ものです。ぼくは個人的にポルトガルの文化ってアジアやイスラムの
香りを感じるところが好きなのですが、この燕なんかまさにアジアン
テイストですよね☆


<< 「Beautiful Rive...      「Remember The Y... >>