2013年 06月 19日
「Compact Edge」
Powershot S110を買った。
元々2世代前のS95を愛用していて、特に不満らしい不満もなかったけど、
5000円のキャッシュバックキャンペーンについ負けてポチってしまった。

e0136330_205632.jpg
S110(上)とS95(下)


届いたS110をS95と並べてみる。
画像で見たときはS95と似てるじゃんと思ったが、実物を手にしてみると
S95とS110はだいぶ違う。
サイズ感はほぼ同じなのだがS95よりもS110のほうがエッジが効いた印象。
ちょっと効きすぎなくらいである。手馴染みやボタンやリングなどの操作感は
S95のほうが好みだったのでちょっと落胆した。

機能面でS95とS110の大きな違いは、レンズが広角24mmスタートになったこと
(S95は広角側28mmスタート)と、画像エンジンが進化しで高感度性能が
さらに良くなったこと。
でも正直、高感度についてはS95でも既に十分だったし、個人的にはあまりに
感度がありすぎると明暗の持つ味が失われて単調な絵になってしまうように
思うのでそんなに嬉しいというわけでもない。
むしろ嬉しいのは24mmの画角のほうだ。
一眼レフのサブとしてコンパクトを使う場合、メモ的な使い方が中心のぼくに
とって24mmと28mmの違いは結構大きい。広角をS110でまかなえるなら
一眼のレンズを35mm以上の単焦点に割り切れるというのも魅力だ。


e0136330_2234439.jpg
foto by powershot S110.


面白みのないサンプルで申し訳ない。
撮ってから気づいたのだけど、夜の銀座は明るすぎて高感度のテストには
まったく向いてない。
これほどの明るい夜があるのはたぶん世界でも数えるくらいなのだ(苦笑)

e0136330_281422.jpg
foto by powershot S110.


トコロ変わってこちらは有楽町のガード下。
ヨーロッパだと普通の通りでこのくらいの明るさだと思う。
で、肝心の高感度性能はというと。。うーん正直まだよく分からない(笑)
[PR]

by jellyfishcafe | 2013-06-19 02:20 | fotography | Comments(0)


<< 「消えるくさび」      「Big country」 >>