2013年 04月 19日
「小さくて大きなカバーの話」
ボルボ240ネタをもう1つ。
今回の全塗装にあたり、せっかくリフレッシュするのだからこの際痛んでいた
ウィンカーやテールライト、ライト周りのメッキモール、ワイパー一式などの
外装パーツも一緒に交換することにした。

ボルボ240のエラいところは、生産中止から20年以上たつにも関わらず、
いまだに大抵の部品が入手できることだ。
機関部品はほぼ全てが手に入るし、メルセデスやBMWなどに比べれば
部品価格もとても安い。
ただし一部の内外装部品についてはさすがに生産中止になっているものも
出てきていて、中には思わぬところで困るものがある。

今回困ったのが、このワイパーアーム付け根のプラスチック製カバー。
アームを支えているボルトにはめこむだけのなんてことないカバーなのだが、
もろに紫外線をくらうこともあって経年劣化でもろくなり、塗装で取り外すときに
簡単に割れてしまった。

e0136330_2211226.jpg
問題のワイパーアーム付け根のカバー。古くなると簡単に割れてしまう。


240の場合、プラ製の割ピンなどの消耗品は今でも普通に部品が出るので、
まぁこれも簡単に手に入るだろうとディーラーに照会してもらうと、なんと
純正品は既に生産中止となっていた。
社外品でないかと部品番号(#1392918)をキーに、あちこち海外サイトにも
問い合わせてみたがどこも「out of stock」「no longer available」と
という返事が返ってきた。

ネット情報によるとどうやら2008年くらいまでは部品が出たらしい。
しかし仮に部品が出てもサイズが合わない場合があるらしく(最終型で
大きめの部品になったらしい)、同じ部品番号のものが手に入ったとしても
ぼくの89年式240にはフィットしない可能性が大きいようだった。
正直言ってまさかこんなチョロい部品で困ることになるとは思わなかった。

しかししかし。
やはり人間困ったときは頼りになるのは自分の足である。
塗装をお願いした車屋さんの近くには廃車置き場があるのだが、
(津波でやられた車が今でもたくさん置いてある)
その中を歩いている時、古いスズキ・アルトのワイパーボルトカバー(リア)が
問題の部品と酷似しているのを偶然発見。
240のカバーと比べると、気持ちシェイプが違うけどサイズ感はほぼ同じ。
ためしに240につけてみたところ全く違和感なくピタリと付いた。
早速、この部品売って!とお願いしたところ、良心的なその業者さんは
予備も含めて数個を集めてなんとタダでくれた。ありたがや(拝)

e0136330_2214248.jpg
というわけで、ワイパーアームも無事リフレッシュ完了。
プラスチックの小さな部品だけど満足感はかなり高い。


実際確認したわけじゃないからはっきりとは言えないけれど、この部品、
おそらく今でもスズキから出るのではないだろうか。
何がなんでもオリジナル、純正部品しか使いません!という方はともかく、
雰囲気さえ壊さなければOKというぼくのような方には是非おススメである。
ボルボ240のワイパーアーム付け根カバーでお困りの同志のためにここに記ス。


(追記)
ぼくが部品をもらったスズキ・アルトはHA12Sという型式。
恐らく共通部品で他の年式でも使われているのではないかと推測。
>>http://www.goo-net.com/car/SUZUKI/ALTO/GF-HA12S.html
[PR]

by jellyfishcafe | 2013-04-19 02:03 | my life | Comments(2)
Commented by bugscope at 2013-04-20 19:07
僕も以前、絶販のバイクとカメラについて
他メーカーの部品で補ったことがあります。
互換性があることを知ったのは
いずれも同好のお方のサイトで
インターネットの有難さをしみじみ感じたものです。
アルトの件もきっと
見知らぬどなたかに感謝されることでしょう。


Commented by jellyfishcafe at 2013-04-21 04:42
>bugscopeさん
古い機械を維持していく上で一番有難いのがこうしたノウハウ
かも知れませんよね。
今回外装部品の交換の殆どは自前でやっているのですが、
部品の交換手順や注意点などネット情報に実にお世話になりました。
ライト関係の配線順など実際に自分で交換したことがある先達の
情報がなかったら今ごろちゃんと組みあがってたかどうか
はなはだアヤしいものです(笑)
アルトの件が誰かのお役にたつことを願っています。


<< 「鱒の森18」      「from 177 to 404」 >>