2010年 05月 27日
「鱒の森6」
「鱒の森」No.6の特集は「尺ヤマメが釣りたい」
この直球すぎる特集タイトルに抵抗できる釣り人はまずいないと思います(笑)

ぼくを含め、普段「釣果は二の次」とか「楽しむことが大切」とか色んなこと言ってる釣り人だって
「尺ヤマメを釣りたいか?」
と聞かれたら皆が「ハイ釣りたいです」と答えるハズ。ソレとコレは別なのです。
それほど渓流の釣り人にとってこの「尺(約30.3cm)」という文字が持つ響きには重いものがあります。

しかし、釣りをやらないヒトから見たらこれはずいぶんと滑稽に思えるに違いありません。
なにしろ29cmのヤマメ(渓流では立派なサイズ)が釣れても素直に喜べない自分がいるのです。
「29cmが釣れた!」ではなく「あと1cm足りなかった・・」になってしまう釣り人の精神状態から、このサイズの魚を「泣き尺」と呼んだりしているのです。普通に考えたら大きな魚釣って何で泣いてんだよって話です(笑)
ホント、釣り人って面白い人種です。

e0136330_148371.jpg


そんな「鱒の森」No.6。
同じ尺でも1cmの尺(scale)に絡むコラムを1本書かせてもらっています。
ご一読いただければ幸いです。
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-05-27 01:44 | Fishing


<< 「NANTO JAPAN」      「Jinenbou」 >>