2018年 05月 13日
経過観察
T医師による確定診断から年2回、6月と12月に経過観察の検査を受けることになった。
検査内容は血液検査と心臓エコー。エコー検査は経胸と呼ばれるやつで検査台で胸にゼリー塗ってあの大型の髭剃りみたいな形の機会で胸をグリグリ撫でまわされるやつだ。検査医の指示で体勢を変えたり息を止めたりする。特に痛くもないし別にツラくもない。ただ薄暗い中で20分近くやるので途中からやたら眠くなってくる。

検査の翌週には外来で結果を聞きにいく。僧房弁の影響が心臓に現れているか、つまり悪化しているかどうかは、逆流の程度や方向、そして心臓自体(僧房弁の場合は左房)の大きさで判断すると説明を受けた。心臓は筋肉の塊なので負荷がかかり始めるとすぐ発達して大きくなる。簡単に言うとマッチョになるということらしい。そんな風に言えば聞こえはいいがこれは所謂「心肥大」というやつだ。全然響きが変わってくる。

とりあえずそんな感じで定期検査が開始。
初回こそ緊張した検査も結果はいつも問題なしだし、エコー検査も何度かやるうちにすっかり慣れて途中で検査医に起こされたりするようになった。知り合いの方(ご高齢)にも同じ僧房弁不全のヒトがおり、その方はもう何十年も経過観察が続いているなんて聞くうちに、もしかして僕もこのままずっと悪化せずいくんじゃないか、と思うようになっていた。
そしてあっという間に2年が経った。



[PR]

# by jellyfishcafe | 2018-05-13 16:23 | 僧房弁閉鎖不全症 | Comments(0)
2018年 04月 30日
確定診断
T医師の説明はとても明瞭だった。

「4つある心臓の弁膜のうち、僧房弁という弁に異常があります」
「左心房と左心室の間にあるここの弁です」、
「肺で作られた新鮮な血液を動脈に送り出す機能を担っています」
「この弁が正しく閉じていないため、心臓の中で血流が逆流しています」
「今すぐの処置は不要ですが、心臓の状態を経過観察したほうが良いです」
「悪化すると心機能が低下していき、心不全や不整脈を起こします」
「投薬では完治しないので、今後どこか心臓手術を判断することになるかも」
「手術判断のタイミングが大事です。まずは半年ごとに検査入れていきましょう」

診断結果は、大体事前にネットで調べていた情報の通りだった。
ただT医師の説明の仕方や話し方のトーンが丁寧だったため、落ち着いて話を理解することが出来た。この先生はなんか良いなと率直に感じた。
「正直、自分で自覚症状が全くないんですけど・・」と聞いてみると「皆さん初期の段階ではそうおっしゃいます。逆にこの時期に発見できて幸運でしたね」とのことだった。

弁膜症の中では大動脈弁の問題が一番重篤だと聞いていたので、患者の多い僧房弁で良かったなとかおかしなところで安堵したけど、この先心臓手術を覚悟しなくてはいけないというのは、やっぱり大きなショックだった。




[PR]

# by jellyfishcafe | 2018-04-30 05:37 | 僧房弁閉鎖不全症 | Comments(0)
2018年 04月 25日
T医師の診察
T医師の外来があるのは企業が創立運営する総合病院で、地元ではかなり規模の大きな病院だ。
いつも混雑していることで有名で、僕が訪れた日も予定時間をだいぶ過ぎてもなかなか名前を呼ばれなかった。さすがにそろそろキツいなあと思った頃、ようやくお呼びが掛かり循環器科の診察室に入れた。

T医師は僕より少し年上の、想像よりずっと気さくで明るいトーンの話し方が印象的なヒトだった。僕がここに至る状況を一通り話す間、T医師はメモを取りながら聞き入り、最後に「それは随分と遠い道のりでした。私を訪ねて来ていただけた以上、力を尽くします」と言ってくれた。
まずは詳細に検査してみましょうということで、血液やX線、心臓エコーなどいくつかの検査をした。本当はエコーとかは別日に予約をとるようだったのだけど、ちょうど空きがあるとのことで当日検査を受けることが出来た。

検査を終えて再び診察室に呼ばれると、T医師は片手に心臓の内部模型を持って僕を迎えた。
それを見た瞬間、「ああ、本当に心臓が悪いんだ。まいったなこれは」と実感した。それまで薄々思うことはあったけど、確信を得たのはこの瞬間だったと思う。
T医師は、心臓模型の断面を見せて説明を始めながら、手元のメモ紙にペンで大きく
「僧房弁」と書いた。




[PR]

# by jellyfishcafe | 2018-04-25 03:10 | 僧房弁閉鎖不全症 | Comments(0)