<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2014年 05月 31日
「陣頭に立つ」
>>『労働時間上限、専門職で撤廃=政府、成長戦略に反映―法制化へ、労組反発も』
政府は28日、産業競争力会議(議長・安倍晋三首相)を開き、労働時間の上限規制などを撤廃する新たな制度の導入を決めた。田村憲久厚生労働相が、労働時間ではなく成果で評価することが可能な「世界レベルの高度専門職」に対象を限定し、新制度の導入検討を表明した。


10年に一度あるかないかという多忙さに見舞われていたこの一週間。
ニュースもあまり見ていないため、このところ世の中で何が起きていたのか
ほぼ浦島状態です。
そうそう。最近のニュースと言えば、議員の時間外手当をゼロにする法律が
出来そうだとのことで、なるほどそりゃそうだよなと感心しました。

なにしろ「一定収入以上の高度専門職」の方の労働を「時間ではなく、成果で
評価する制度」とのことですから、「何年経ってもまったく成果が出ない改革」の
評価など言わずもがなです。
そりゃあ幼稚園児に聞いても「ウン、まずは議員が対象になるネ」と言うでしょう。

国家の産業競争力を高めるために、選ばれた国会・地方議員さんたち自ら陣頭に
立つとはさすがです。この国の将来は明るいに違いありません。
でこそ、労働者の末端を担う不肖ワタクシも安心して仕事に励めるというワケです。
ようし、明日もがんばるぞう(棒読み)

(一部事実誤認があるやも知れませんがあしからず)
[PR]

by jellyfishcafe | 2014-05-31 00:03 | NEWSネタ
2014年 05月 24日
「The Berlinetta Boxer 」
先日のこと。
クルマを車検に出すのに、いつもの整備工場に行くとスゴい車が入っていた。

e0136330_2485777.jpg
Ferrari 512BB.


Ferrari 512BB。ウェーバーキャブレターを積んだ初期型。
スーパーカー世代の人には忘れられない1台だと思う。当時は多くの子供たちが
カウンタック派とこの512BB派に分かれて「どちらがよりスーパーなクルマか」
なんて不毛な論議を交えていた。今考えるとかなりおかしい(笑)
(ちなみにぼくはどちらかと言えば512BB派だったけど、実際は2大派閥を横目に
 ロータス・コルチナのミニカーを入手しては喜んでいた愛らしい少年であった。笑)

e0136330_249340.jpg


e0136330_2491361.jpg
センターロックホイールがシブい。


久しぶりにこの年代のフェラーリを見たけど、何より驚かされるのがそのコンパクトさ。
スーパーカーブームの頂点に立った12気筒5000ccのスーパースポーツは今見ると
プリウスに毛が生えた程度のボリュームにしか感じない。
これは逆に考えるとこの50年間、世の中の車がいかに肥大化していったかという1つの
証だと思う。

走る・曲がる・止まる・運ぶというクルマの基本機能に後から追加されていった快適機能
(パワステ、電子制御サスペンション、オートエアコン等々・・)がいかに大掛かりな
進化だったのかがよく分かる。

e0136330_2491699.jpg


しかし。
こうして512BBを見ていると果たしてそれが本当に「進化」だったのかはよく分から
なくなってくるのであった。。
[PR]

by jellyfishcafe | 2014-05-24 13:30 | Cars
2014年 05月 22日
「ナゾのブソーシューダン」
 この春、ミリタリーファンのみならず世界中の人々の注目をさらったのが、
クリミア半島に突如出没した「謎の武装集団」でしょう。
21世紀の現代に「謎の武装集団」なんてものが現れたことへの衝撃は大きく、
ロ○ア軍の装備をつけてロシ○語しか話せないどう見ても○シア軍特殊部隊に
しか見えない「民兵」と名乗るその集団を、みんなある種の興奮をこめて
「ナゾのブソーシューダン」と呼んだのは記憶に新しいところです。
そして模型メーカー"ANT Miniatures"の仕事も実に早かった。

e0136330_375338.jpg
"1/35 Soldiers in Crimea 2014"


うーむ、このリアルさ。左の兵士は検問で車を止めてるポーズと推測。
モデル名称も「Soldiers in Crimea 2014」というシャレオツ度です。
もちろんロ○アの露の字も出てきません。

ただこの模型をリリースした"ANT Miniatures"はロシアのメーカーだそうで(苦笑)
願わくばこういった人達を目にするのはのは模型の世界だけにしたいものです。
[PR]

by jellyfishcafe | 2014-05-22 01:36 | クラゲノアンテナ
2014年 05月 17日
「その理由」
>>『バニラ・エアも機長不足で6月に国内154便欠航、ピーチに続き』
格安航空会社(LCC)のバニラ・エアは16日、一時的に機長の数が不足するとして6月に国内2路線で計154便を欠航すると発表した。採用が計画通り進んでいない上、予定外の退職者が出て機長の数が不足するため、全体の約2割に相当する運航を取りやめる。


パイロット不足というのはどこの航空会社でも起こっていることだと思うのだけど、
運行中止に追い込まれるのが決まってLCC航空だというのはやはり気になる。
しかも大抵の場合、理由は「退職者が多く出て補充が追い付かなかった」とある。

これってやっぱりLCCの労働条件が良くないから退職するパイロットが多いという
ことだよなあ、とどうしても思ってしまう。
安さが魅力のLCCだけど、その安さの負担が必要不可欠人材であるパイロットに
までかかっているとしたら、果たして機体のほうは大丈夫なのだろうか。。

e0136330_1235997.jpg
<画像は記事とは無関係です>


安いものには理由がある。
一杯300円以下の牛丼の理由にはそれを支える人たちへの負担がある。
LCCの安さの理由に乗客の安全軽視が含まれていないことを信じたい。
[PR]

by jellyfishcafe | 2014-05-17 01:45 | NEWSネタ
2014年 05月 12日
「Zacc Japan is Here」
>>『ブラジルW杯の日本代表23人が決定』
サッカー日本代表のアルベルト・ザッケローニ(Alberto Zaccheroni)監督は12日、
2014年サッカーW杯ブラジル大会(2014 World Cup)の登録メンバー23人を発表した。(afpbb.com)


ブラジルW杯を戦う日本代表が発表。
大久保の選出がサプライズかのように報道されているけど、個人的には今の大久保を
呼ばないで誰を呼ぶんだと思っていたのでそりゃそうだろーという感じでした。
むしろMF青山の選出、それから中村憲剛と細貝が落選したことのほうが意外でしたが、
そのへんについては会見上ではこんな発言がありました。

ザック:「悩み所は、ボランチを1枚多く連れていくかどうかだった。そうするとFWやDFから1枚削ることになる。最終的にはたくさんの攻撃的な選手を選ぼうと決断した。ブラジルで、主導権を握りながら日本のサッカーをするためには、このメンバーが正しいと考えている。」
(ザッケローニ監督のW杯ブラジル大会メンバー発表会見全文より)
http://brazil2014.yahoo.co.jp/column/detail/201405120011-spnavi


ボランチとFWの数のバランスをどっちに振るかという点で、今までの代表ではボランチ寄り
だったと思うのだけど、そういう意味では今回FW寄りのバランスに振ったことこそが、
サプライズなのではないでしょうか。
個人的には、今までのザックジャパンは攻守のバランスを重視するあまり、結果裏目に出てた
ことが多かった気がするので、アルベルト・ザッケローニが最後に加えたこの「前のめり」感の
味付けは英断だと思います。

W杯まであと一か月。
そしてなんと言っても今回はブラジルでの開催。
日本代表の奮戦を期待します。
[PR]

by jellyfishcafe | 2014-05-12 22:29 | NEWSネタ
2014年 05月 08日
「What is Europe?」
>>『複雑なヨーロッパの文化や国民性の違いをシンプルに説明してくれる地図』
ラテン系の南ヨーロッパ、先進的な国の多い西ヨーロッパ、旧共産圏の東ヨーロッパなど一言でヨーロッパと言っても多種多様な文化があります。そんな複雑に入り込んだヨーロッパの文化や習性、国民性などをとてもわかりやすくまとめたヨーロッパの地図です。 (dailynewsagency.com)


どんな物事でもステレオタイプで判断するのは良くないけど、中でも国民性や
地域性ってのは一、二を争うほどよろしくないと思う。
理由は言わずもがな。人間100人いれば100通りの人がいる。
当たり前のことだが、せっかちな人もいれば楽天家もいる。
ストレートの人もいればゲイの人もいるし、コーヒーもコーラも大好きな人も
いれば何があっても紅茶しか飲まないという人だっている。
多人種・多宗教も加わればこれはもう多様性の横幅は果てしないわけで、
そんな人々のライフスタイルを一言や二言で片づけるなんて考えるまでもなく
ナンセンスに決まっている。

しかし。
ヨーロッパの文化や国民性をバッサリ切ったこの地図。
読めば読むほど上手いなあ!と納得させられてしまった。
いかん!ステレオタイプに惑わされてはいかんのだ。と、思いつつもやっぱり
なんとも鋭いというか何というか。。正直感心しました(笑)

e0136330_222790.jpg
お気に入りはコレ。

[PR]

by jellyfishcafe | 2014-05-08 01:52 | NEWSネタ
2014年 05月 04日
「When You Were Around」
e0136330_19897.jpg


今月のトビラ絵を更新。
写真はリスボン、バイロアルトでの一枚。
トラムが走る坂道沿いのこの通りは、前年の11月にもよく通ってたのだけど、
初夏に再訪したらあまりの雰囲気の違いに驚いた。
まるで別な場所かと思うくらいの景色の理由はズバリ「陽射し」の違いだった。
南欧の夏の陽射しは強烈なので街の色も違って見える。地味でザラっとしてた
通りもまるでレフ板で照らされたかのようで明るく生き生きとしてくる気がする。
どちらもその街の姿だけどなんとなくぼくには街が陽射しを喜んで浴びてるかの
ように見えた。

関東も5月に入って急に陽射しが夏めいてきた。
「太陽はご馳走」というどこかの国の言葉を思い出す今日このごろ。
[PR]

by jellyfishcafe | 2014-05-04 01:31 | fotography