<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2013年 07月 29日
「Beautiful Riverside #4」
e0136330_215842.jpg
Alfama, Lisbon. 2013.


リスボンは魚の街でもある。
路地裏や店先、さまざまなところで魚をモチーフにしたモノを見かける。
デザインとしての魚の形が脳裏に刻み込まれている日本人としては
とても馴染みやすいところ。
[PR]

by jellyfishcafe | 2013-07-29 01:47 | Portugal&Spain2013
2013年 07月 26日
「Beautiful Riverside #3」
e0136330_216445.jpg
Bairro Alto, Lisbon. 2013.


リスボンなら自分らしく暮らせる気がする。
なんの根拠もないけどそう思う。
[PR]

by jellyfishcafe | 2013-07-26 02:03 | Portugal&Spain2013
2013年 07月 25日
「Beautiful Riverside #2」
e0136330_2125542.jpg
Graça, Lisbon. 2013.


リスボンは川べりの街ということもあって、涼しくて乾いた空気が川から街に吹き抜ける。
そのせいか、夏のヨーロッパとは思えないほど爽やかな気候でとても過ごしやすい。
スペイン並みの猛暑を想像してたぼくが持参したのはTシャツと短パンばかり。
陽射しは強いけれど朝夕は20度位に下がるので、現地で最初にしたのが長袖を買いに行くことだった。

個人的感覚で言えばこの爽やかさはハワイに匹敵するかも知れない。
他国の人々がリスボンに「避暑」に訪れるという話もこの気候を体験してみて、なるほどなと思った。
[PR]

by jellyfishcafe | 2013-07-25 02:09 | Portugal&Spain2013
2013年 07月 22日
「Beautiful Riverside」
e0136330_3281045.jpg
Lisbon, 2013.


久々の更新。
しばらくの間、リスボンに行って来ました。
昨年の11月に初めて訪れて、すっかり気に入ってしまって次は是非とも
ベストシーズンの夏に行きたい!と思っていました。
今回はかなり直前まで休みが取れるか微妙な状況ではあったのだけど、
ギリギリでなんとか仕事に決着をつけ、カバンにカメラを叩き込んでKLMの
飛行機に飛び乗ることが出来ました。
(ウソ。「叩き込んで」はいません。笑)

そんな鼻息荒く乗り込んだ夏のリスボン。
ぼくの想像以上に美しく優しく美味い街でありました。
[PR]

by jellyfishcafe | 2013-07-22 01:51 | Portugal&Spain2013
2013年 07月 12日
「now traveling..」
e0136330_3234980.jpg


Jellyfishcafe、明日から休暇でしばらく留守にします。
またよろしく。
[PR]

by jellyfishcafe | 2013-07-12 03:08 | my life
2013年 07月 09日
「遥か南」
e0136330_2333057.jpg
Philippines, 2011.


>>『台風7号が発生』
8日午前、日本のはるか南で、台風7号が発生しました。
気象庁の観測によりますと、8日午前9時、日本のはるか南のマリアナ諸島付近で熱帯低気圧が台風7号に変わりました。


子供の頃から台風発生のニュースを聞くのが大好きだった。
特に気に入っていたのがお決まりのフレーズ「日本のはるか南で」の響き。
行ったこともない「日本のはるか南」の南国を想像することもワクワクしたし、
そんな遠くで起きたことが自分の住む日常と繋がっていることの不思議にも
魅了されていたのだと思う。

オトナになってからの台風はどちらかと言えば憂鬱なものではあるけど、
今でも毎年ニュースから流れる「日本のはるか南の海上で~」を聞くと、
なんだか心の奥底をコツンと叩かれたような気持ちになる。
[PR]

by jellyfishcafe | 2013-07-09 01:51 | NEWSネタ
2013年 07月 04日
「A face like that」
e0136330_2252741.jpg
Lisbon, 2012.


今月のトビラ絵を更新。
最近、ヨーロッパに旅行に行くときは2都市滞在型の予定を組むことが多い。
例えば日程が8日間でも半分づつ違う国の違う都市に滞在するような感じ。
あるいは滞在中の中3日を利用して別な国の主要都市に遊びに行くなどなど。
昔は時間的にも経済的にもそんなの無理だったが、LCCが様々な都市を
様々な時間帯で格安で結ぶようになった今ではそれもごく普通の旅程になった。

写真の機体はTAPことポルトガル航空のもの。
TAPは厳密にはLCCではなく、それどころかポルトガルのフラッグシップキャリア
だったりするのだが、その運賃はLCCの遥か向うをいくほど安く、リスボンから
バルセロナやマドリードまで4000円とかで飛んでたり、果ては路線図を見ると近年
ブラジルにまで飛び始めたらしく、色んな意味で夢が膨らむエアなのだった。

「21世紀になって世の中を変えたものランキング」というものがあったら、
個人的にはLCC(というか航空料金の格安運賃体系)を上位に選出したいと思う。
世の中を大きく変えるのは案外、既存のもののちょっとした変化かも知れない。
[PR]

by jellyfishcafe | 2013-07-04 02:24 | fotography