<   2010年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2010年 05月 31日
「NANTO JAPAN」
「イングランドに1−2と逆転負け=サッカー日本代表」
サッカー日本代表は30日、オーストリアのグラーツで国際親善試合のイングランド戦に臨み、田中マルクス闘莉王のゴールで先制するも1−2と逆転負けを喫した。

DFは後半半ばまで安定していたし、GKエイジ・カワシマには神降臨。
(GKに神が降りるとなんかちょっとイケそうな気がしてくるのは悪いクセ。笑)
残念ながら結果はついてこなかったけど、代表チームとしての気持ちだけは久しぶりに垣間見えた気がした。

ちょっと気になったのはタナカくんの目が覚めるような先制高速シュート。
それはもちろん良かったが、実況もその後の各局スポーツニュースもそのどれもがこのシーンで「なんと!日本が先制!!」と述べていて思わず脱力しそうになった。

e0136330_148368.jpg


いや。そりゃまぁ確かに予想外ではあったけど・・・(苦笑)
でも、なんかやっぱりW杯に出場することを許された国はそこで
「な、なんと!」
とか言ってちゃいけないんじゃないだろうか。

ここらあたりのぼくらの意識も変えていかないと、代表の空気感もなかなか変わっていかないんじゃないかと思う今日この頃。
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-05-31 01:49
2010年 05月 27日
「鱒の森6」
「鱒の森」No.6の特集は「尺ヤマメが釣りたい」
この直球すぎる特集タイトルに抵抗できる釣り人はまずいないと思います(笑)

ぼくを含め、普段「釣果は二の次」とか「楽しむことが大切」とか色んなこと言ってる釣り人だって
「尺ヤマメを釣りたいか?」
と聞かれたら皆が「ハイ釣りたいです」と答えるハズ。ソレとコレは別なのです。
それほど渓流の釣り人にとってこの「尺(約30.3cm)」という文字が持つ響きには重いものがあります。

しかし、釣りをやらないヒトから見たらこれはずいぶんと滑稽に思えるに違いありません。
なにしろ29cmのヤマメ(渓流では立派なサイズ)が釣れても素直に喜べない自分がいるのです。
「29cmが釣れた!」ではなく「あと1cm足りなかった・・」になってしまう釣り人の精神状態から、このサイズの魚を「泣き尺」と呼んだりしているのです。普通に考えたら大きな魚釣って何で泣いてんだよって話です(笑)
ホント、釣り人って面白い人種です。

e0136330_148371.jpg


そんな「鱒の森」No.6。
同じ尺でも1cmの尺(scale)に絡むコラムを1本書かせてもらっています。
ご一読いただければ幸いです。
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-05-27 01:44 | Fishing
2010年 05月 25日
「Jinenbou」
週末は仙台へ。
初めてその店に行ってからもう5年くらいになる。
きっかけは本当にひょんなことからだったけど、その店の暖かい雰囲気や表現に困るくらい美味しい料理や
厨房のキリリとした緊張感などがすっかり気に入ってしまったぼくは以来、毎年その店に行くようになった。

e0136330_231699.jpg


店の名前は「じねんぼう
良き釣友であり、人生の先輩でもある友人が経営するその店は、目が回るような日々から逃げるように東北に脱出してくるぼくをいつも心地よく迎えてくれた。そしてその店とそこに集まる人々はぼくに数多くの新しい発見を与えてもくれた。
いつしかぼくの中では「仙台に行く」というのは、その店を訪れることと同義語になっていった。

e0136330_2313933.jpg


新しい店舗への移行に伴い、一旦クローズすることになったその店の最後の週末は、ぼくと同じようにその店を拠所にしていた人々がたくさん訪れていた。
いつもと同じように食べ飲み笑う彼らの顔を見ていたら、ちょっとだけセンチになりかけていたココロに光が射しこんだようだった。
きっと彼らもこの店の扉を開けることは何かと同義語になっていたんだろうなとつくづく思った。

じねんぼうに心から感謝。
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-05-25 01:55
2010年 05月 21日
「そんな時代」
ネットブックを買った。
スマートフォンでも良かったのだが、ぼくはどうせならやっぱりキーボード付きが欲しかった。

基本的にPCには拘らないほうだが、唯一キーボードだけは配列やキータッチが気になる。いかに性能やデザインが良くてもキーボードの使い心地がしっくりこないPCはどうにも馴染めない。だからPCを買うときは必ず店頭で現物のキーを触ってみてから購入を決めることにしている。

今回も、陳列されているネットブックを端から順にいじりまくってキーの配列とタッチが一番好みだったAcerのものに決めた。チャチい感じのキーボードがついてることが多いネットブックだけどこれはカッチリとした造りのキーボードと硬派なタッチで感心した。

e0136330_1582355.jpg


しかし、もっとも感心したのは価格かもしれない。
特売だったとは言え、なんと店頭価格\29800である。これには本当にびっくり。ちょっとしたルアーロッドや交換レンズよりもPCの方が安いとは。。なんともオトロしい時代になったものである。
そのうちルアーよりPCが安い時代も来るのかもしれない。。
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-05-21 01:42
2010年 05月 18日
「Word Search 2」
検索ワードランキングの続き、後半戦は6位から。

第6位:「香港 tram」
これはある意味納得。
一時はトビラ絵から日記まで、自分でも香港トラムのサイトかと思うくらいだった(笑)

第7位:「Pisa S.Rossore T」
これは半年近く必ずランクインするワード。
でもPisaに行くヒトがみんなこの駅を使ってしまうと、地元にお金が落ちなくなってしまうのが心配。帰りはバールで一杯引っ掛けながら中央駅からどうぞ☆

第8位:「黄枝記 粥麺」
マカオ発の有名粥麺専家。最近は香港の支店も人気らしいけどやっぱりマカオで食べるのが気分。なんとなく香港よりマカオの雲呑麺のほうがスープの味が強い気がする。どっちも好きだけど。

第9位:「Hexanon 35mm」
コンパクトのヘキサーの35mmも、Mマウントの35mmも素晴らしいレンズだと思います。迷っておられる方は是非お試しを!

第10位:「スイスエアー チューリッヒ」
相変わらずアイスランドの火山灰は欧州の航路に影響を与えているようらしいが、チューリッヒはその後どうなんだろ。こればっかりはヒトのチカラの及ぶ範囲ではないけれど、早く遅延や欠航の心配がなく欧州を飛べるようになってほしい。


さてここからは番外編。
低位ながらこのところ目についたワードをいくつかピックアップ。むしろこれが最大の楽しみ(笑)

番外1:「Bahnhofplatz 意味」
ドイツ語でBahnhof=駅、platz=広場なので「駅前広場」かと。
ぼくも最初あちこちの街に「Bahnhofplatz」という地名があるのが不思議でした。

番外2:「山東餃子店 粉嶺」
出ました。やっぱりはるばる餃子食いに行こうと考える殊勝なヒトがたくさんいるのですな。
はるばる行きすぎだろという指摘もある(苦笑)

番外3:「小さな細かい肌荒れ」
肌荒れの情報を検索してこのブログに辿りついた方には、有益な情報を何も提供できないことをココロよりお詫びします。。

番外4:「北関東 鱒の釣れる川」
ぼくも知りたいです。教えてください。

番外5:「ハタが釣れた」
いや、そう言われましても。。とにかくおめでとう。

番外6:「撮り鉄」
だから鉄じゃないってあれほど(笑)

番外7:「空母を作る 買う」
いや、だから(略)
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-05-18 01:26
2010年 05月 15日
「Word Search」
exciteのブログにはアクセス解析機能がついている。
元々アクセスカウンタとかは苦手なので見ないほうが良いのだけど、このアクセス解析の中にある検索ワードランキングが面白いので最近はついつい覗いてしまう。

当然だけど、検索では自分の意思とは全く無関係なワードで引っ掛かるわけで、その意外すぎるキーワードが大変面白いのだ。例えば、先月(4月)の検索ワードの上位5位ランキングはこんな感じであった。


5位:「Lマウント gr21」
リコーのGR21は搭載されていた21mmレンズの人気が高く、かつて数量限定でライカLマウント版が発売されたのだった。どうやら今でも探しているヒトは少なくないらしい。
都内の中古カメラ屋さんでは最近結構見かけるし、価格も一時に比べればだいぶこなれてきたようなのでお探しの方は一度覗いてみては?

4位:「TOKYO NOBODY」
写真家・中村正貴氏の写真集。毎月のように上位に入るワード。
やっぱりあの写真には何か不思議に吸い寄せられてしまう魅力があると思う。デジタルエフェクトでヒトを消せてもあの不思議で重い空気感は出ないんじゃないだろうか。

3位:「天秤座 B型 男性」
そういえば随分昔にそんなネタを書いたことがありました。
世の女性(とは限らないが)はそんなにも男性の星座および血液型が気になるのであろうか。
カンケイないけど職場に同じく天秤座B型の男性がいるけど、性格はぼくとはまったく逆である。
星座も血液型もつくづくアテにしちゃいかんなぁと痛感しています。

2位:「鱒の森」
トラウトフィッシングの情報を検索してこのブログに辿りついた方には、有益な情報を何も提供できないことをココロよりお詫びしたいです(苦笑)
あ、まだ書いてませんでしたが「鱒の森6」は絶賛発売中。尺ヤマメ釣りたい。

1位:「zulich トラム」
実は前々月の1位ワードもこれだった。どうもチューリッヒのトラムに感心を持っているヒトは想像以上に多いらしい。あるいはスイス旅行はこれからベストシーズンなのでそれで検索数が多くなってのかもしれない。
ぼくも夏場にもう一度行ってみたいなと思っている。

e0136330_3311374.jpg


この検索ワードランキングの可笑しさはむしろランキング下位にあるのだけど、長くなったので続く。。
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-05-15 01:52
2010年 05月 12日
「Mechanical Flowers」
>>『ソニー、世界最小のレンズ交換式デジタルカメラ「NEX-5」「NEX-3」』
APS-Cセンサーを搭載。上位モデルはフルHD動画記録に対応。

昨年末からずっと話題になっていたSONYのミラーレス機が発表。
すごくSONYらしい製品だなと思う。
エポックだけどツボを押さえた高性能やライバルの弱点を上手につく競争力もちゃんと備えていて、何より他の製品とは明らかに違うデザインを身に付けている。スペックを読む限りは大したもんだなぁと感嘆するしかない。

けれど、ぼくはこのカメラには1つすごく大切なものが欠けているような気がする。
それは本来カメラという道具が持つ愛されるための「色気」だ。
今の時代にそんなこと言ってると、ナニソレと笑われるかも知れない。けれど、やっぱりぼくは優れたカメラには見るヒトを惹きつけるエロさが備わっているように思うのだ。いや、そうであると信じたい。

e0136330_217232.jpg


「機能美」と「色気」は必ずしも同列ではないのだなと改めて感じた今日この頃。
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-05-12 02:05
2010年 05月 10日
「lifeless」
『岡田ジャパン、10日発表=日本代表23人-サッカー〔W杯関連〕』
6月11日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場する日本代表メンバー23人が10日午後、東京都内のホテルで岡田武史監督から発表される。

初めてTVで観たW杯は78年のアルゼンチン大会だったと思う。
恐らく録画だったのだろう。当時入っていたサッカー少年団のチームの皆で集まり、公民館のようなところで決勝戦を観た記憶がある。

あれからウン十年、思えば幾つもW杯を観て来た。
しかし2010年、こんなにも気分が盛り上がらないW杯は初めてである。
念のために言っておくけど、それは日本代表が勝てそうにない大会だからじゃあない。今まで日本代表が出場できなかった大会だってもっと楽しみにしていたし、相手がアルゼンチンでもブラジルでもずっと楽しみにしていた。

ぼくのモチベーションが上がらない理由はこの代表の別のトコにある。
そして同じことを思っているヒトは少なくないように思う。
それがぼくの思い違いであることを切に願っている。
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-05-10 01:58
2010年 05月 09日
「Missmatch」
店の雰囲気とBGMが合っていないレストランに時々遭遇することがある。

昼下がりに入ったその店は小洒落た韓国料理店。焼肉や冷麺を出す店なのだが女性ウケを狙ってのことなのか内装や照明がやけに凝っていて、店員の態度もどこか慇懃無礼といった感じのトコロ。

テーブルに座って注文をすませ、ビールを飲んでいるとふと先ほどから耳に入るBGMがどうも妙なのに気づく。
フリートウッド・マックとカルチャークラブに続いて、今度はABCだ。
これはアレかな店長さんとかそこらへんの方の趣味なのかな、いやしかしそれにしても・・と思っているとコースのサラダが運ばれてきた頃には曲は何故かニルヴァーナへ。

e0136330_32889.jpg


そしてメインの特性冷麺(キュウリ抜き)が運ばれてきた時、計ったかのようなタイミングでいきなり大音量で流れ出したのは「ビギン・ザ・ビギン」
笑いをこらえながら冷麺を食べるぼくを不思議そうな目で見る同行者。
テラスに通じるすぐ隣の大きなドアから、ホワイトタキシードの胸に薔薇を挿したフリオ・イグレシアスがいつ登場するかとドキドキしたが、世界の恋人はとうとう現れなかった。

肝心の冷麺の味はさっぱり分からなかったが、面白かったのでまた行こうと思う。
今度は同世代の友人を連れて(笑)
 
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-05-09 01:55
2010年 05月 06日
「Blue Vacation」
GWに旅行に出たことは一度もない。
ニュースで流れる空港の狂乱の人出を見ただけでこの期間が快適な旅行に適していないことはすぐ分かる。

GWは旅行どころか釣りもまず出かけない。
一度GWの初めに有名な釣り場に出かけてヒドい目に遭った。行き帰りの交通や釣り場の混雑やそして釣果のキビしさを考えればこの期間が快適な釣行に適していないことはすぐ分かる。

というわけで近年のGWは特に大きな予定をいれずに家中心で過ごすのが定番。
長い休みをそんな風に過ごしてさぞかしヒマだろうと思うかも知れないが、不思議なことにこれが何かと忙しい。何も入れていないはずの予定が突如パカパカ入ってきて結局のんびりまったりなんて全然出来ない。

e0136330_1545020.jpg


もしかして。。
最近うすうす感じてきているのだが、もしやGWは自宅で過ごすのにも適してないんじゃないだろうか(笑)
一体GWはどう過ごせばいいのだ。
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-05-06 01:55