<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2010年 01月 31日
「Mercato Centraleに行く話-3」
フィレンツェの中央市場はパスタやワインなどの店はもちろん、魚介類もかなり充実していた。
イタリアらしいなと思ったのは、マグロやサーモンといったメジャーどころから、タコを初めとした他のEU諸国ではあまり食べなさそうな魚もここではしっかり市民権を得ているように見えることだ。
このあたり、魚食の民であるジャポネーゼとしては大変親しみが沸いてしまう。

e0136330_2155726.jpg


e0136330_216963.jpg


e0136330_2162427.jpg

バールに行くとこの小ぶりなイワシをタマネギと一緒にオイル漬けしたものがチケッティ(小皿のつまみ)で出てくるのだが、苦味が少なくて身が締まっていてすごく美味い。おかげでついつい飲みすぎる。

e0136330_216396.jpg

いいかい。魚を食べると頭が良くなるんだよ。魚はぼくらを待っているんだよ。
だけどね。おぢさんは魚をたくさん食べてきたんだけど効果は今ひとつだったみたいだ。
人生は思うようにいかないことのほうが多いんだよ。

e0136330_2154772.jpg


それにしても市場の魔力とはスゴいもので、さっきホテルで朝食をたらふく食べてからまだ2時間も経ってないはずなのに、見ていたら本当に腹が空いてきた(笑)
市場を歩き回りながらぼくが考えていたのは、昼には何を食べようかということだった。
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-01-31 01:56 | Italia2009
2010年 01月 29日
「Mercato Centraleに行く話-2」
市場に着いたとき、時計の針は既に10時を回っていた。
旅先におけるぼくのライフサイクルからすれば早い時間だけど、「市場標準時間」では10時というのは、朝のピークタイムが終わった一服感漂うぐだぐだな時間だ。ちなみにこの市場標準時間は全世界共通なのであった。

そんなわけで市場内は客の人出も比較的まばらだったのだが、おかげでゆっくりと品物を見ることが出来たし、様々な試食にもありつくことが出来た(笑)

e0136330_224135.jpg


e0136330_225298.jpg


e0136330_23079.jpg

生チーズを撮ってたらおじさんが試食させてくれた。美味し!Bellissimo!

e0136330_23789.jpg


しかし、バカげた疑問なのは分かっているのだけど、一体パスタというのはどのくらい種類があるんだろう?
ケースにズラリと並ぶ、しかもよく見ると全てが違う種類のパスタ群を眺めていると、やっぱりそんな疑問がふつふつと沸いてくるのだった。

(つづく)
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-01-29 01:47 | Italia2009
2010年 01月 28日
「鱒の森5」
「鱒の森」No.5はサクラマス特集。
サクラマスをやらないぼくにとってはサクラマスは釣りたい魚というよりも、むしろ"撮りたい魚"かもしれません。
いや、そりゃもちろん釣ってもみたいけど色々考えると根性も忍耐もないぼくは、この魚を釣り上げるイメージを頭の中に描くことが出来ないのです(笑)

しかし、それでもサクラマスという魚のパーフェクトな美しさには本当に強く惹かれます。
だから、是非一度思う存分サクラマスを撮ってみたいなあとはかねがね思っているところです。
誰かぼくの目の前でとびきり美しいヤツを1匹釣ってくれないものか。。バラしたウグイをサクラだったと言い張る愛すべき友人ならいるんですけどネ(笑)

e0136330_2193123.jpg


今号もコラムの森を1本書かせてもらっています。
ご一読いただければ嬉しい限りです。
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-01-28 01:57 | Fishing
2010年 01月 27日
「Mercato Centraleに行く話」
普通、市場と言えば観光地や繁華街からはちょっと外れたあたりにあることが多い。
しかし、フィレンツェ中央市場(Mercato Centrale)はその名の通り、市街地のド真ん中にある。
どのくらいド真ん中かというと、フィレンツェ中央駅から徒歩3分、有名なドゥオモからは徒歩1分、つまりイタリア屈指の観光スポット群のすぐ隣に市場がどーんと建っている。

日本で例えるなら東京タワーの隣に市場があるような感じだろうか。
中心街や観光スポットのすぐ脇にいきなり市場があるという図式は、まるで香港の街市みたいである。
もちろん眺めや売っているものは大違いなのだけど。。

e0136330_2411652.jpg

周囲をぐるりと露天に囲まれた左手の建物がフィレンツェ中央市場。
あのミラノのアーケードを造った建築家の手による由緒ある建物だそうだ。このあたりがまたフィレンツェらしいというかイタリアらしいところだと思う。

e0136330_2412440.jpg


e0136330_2414742.jpg

フィレンツェがあるトスカーナ州はワインはもちろん高品質な牛肉の産地としても有名。
これが香港だと担ぐのはまるっと豚1頭になる(笑)

e0136330_2415617.jpg


ちなみに「都市の象徴となる場所とその街の市場の距離はその国における食文化のレベルを表す」というのがぼくの勝手な持論である。
香港にしてもこのイタリアにしても、世界が認める「食の国」は「市場が近い国」でもある。
・・ような気がする。

(つづく)
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-01-27 01:45 | Italia2009
2010年 01月 25日
「StarFerry fotos:」
おかげさまで肩は順調に回復中。
最初はキーボードを打つのも辛かったのだけど、だいぶ良くなって腕を回せるようになってきました。
そんなこんなでここ数日間テキストを書くパワーがなかったので、撮り溜めていた写真を整理。とりあえずStarFerryの写真を纏めてみました。
>>StarFerry fotos:
本サイトの容量の問題もあって、ストレージがわりにもう1つblogを立ち上げてみたのですが、やはりちょっと勝手が違う感じで若干後悔しています(笑)
よろしければおヒマなときにでもどうぞ。

e0136330_1443781.jpg


どこの国にも、その国に来たことを心から実感できる場所ってあると思います。
その国を象徴するようなランドマークや、味覚嗅覚に直接訴えかけてくるローカルフードなどなど。
もちろん香港にもそれを実感できるモノや場所がたくさんあるのだけど、ぼくの場合、今自分はここに在るのだ!という感覚を一番感じさせてくれるのは、いつもこの小さなフネの上のような気がします。
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-01-25 01:18 | fotography
2010年 01月 21日
「Dawn Chorus」
昨日の朝、雨戸(シャッター式)を開けようとして右肩を変な風に捻ってしまった。その時はちょっとピキッときただけで別段痛くもなかったのだけど、昨夜あたりから腕を上げるたびに徐々に痛くなり、今日になったら服を着るのも不自由なくらいにひどくなってきた。

以前、左手が腱鞘炎になったことがあってその時も痛感したのだけど、ヒトの身体というのは筋1つ利かないだけでホントに当たり前のことが出来なくなってしまうものである。痛いところがあると、落ちたペンを拾い上げるのにも身体の様々な部分がフクザツに連携して動かしているのがよく分かるのだ。

e0136330_0502778.jpg


そろそろ渓流解禁の足音も聞こえてきたし、こんな状態のままではオーバーハングに華麗なバックハンドキャストをキメることも出来ない。(元々キメてないけど)
早く直さねば。。
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-01-21 00:52
2010年 01月 17日
「10th:」
先日ふと気がついたのだけど、このJellyfishcafeは今年で10年目になるのでした。

10年ひと昔なんていうけど、感覚的にはひと昔どころかものスゴく大昔に感じます。確か10年前はネットスピードもアナログの54キロとかISDNの64キロとかだったはず。64メガじゃなく64キロですよ。今だったら完全にどこか機器がおかしい数値です(笑)
それでも当時は普通に使っていたのだから人間の感覚というのは不思議なものです。

e0136330_1164928.jpg


10年前の日記は一応残っているのですが(恥ずいから見ないけど)、その頃どんな気分で、そしてどんな段取りで日記を書いていたのかはどうも思い出せません。画像を入れると読み込みがすごく遅くなるからなるべくテキストだけで書くようにしてたのだけは鮮明に覚えてます。これも今では考えられないことです(笑)
ホントにあれから10年しか経っていないのかなあ。。妙な感覚です。

そんなこんなで、なにか10年目らしいことを考えようと思う今日この頃。
今後ともどうぞよろしく。
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-01-17 23:42
2010年 01月 13日
「Under her spell」
正月気分も抜けたところでトビラ絵を更新。
写真はイタリア西海岸の小さな村、Vernazzaで撮ったもの。

Cinque Terre(チンクエテッレ)という世界遺産の一部であるこの村は、なにしろ世界遺産になるくらいだから旧き時代の姿を残しているたいへん美しいところ。
しかし、世界遺産と言っても普通にそこで暮らしているヒトも当然いるわけで、その人たちにとって村は世界遺産以前に生活の場そのものでもある。ここはそうした生活感を感じる風景が多くあるのがとても良かった。

e0136330_23421456.jpg


サンセットを拝みに海岸に行くと、港近くの広場で地元の子供たちが遊んでいた。
風邪でもひいて親から止められてるのか、1人だけコロコロと厚着をした女の子が遊びの輪に加わらず離れたところから声だけかけているのがなんだか微笑ましかった。
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-01-13 23:40 | Italia2009
2010年 01月 11日
「title fotos 2009」
title fotos、2009年ぶんをUPしました。
やればすぐ出来ることをすぐにやらないのはぼくの悪いクセです。
>>title fotos 2009.
そういえば小学校の頃に「やらないのも実力のうちです」と怒りまくる女性教師がいました。子供相手にこのヒトはなんちゅうドライなことを言うんだろうと子供心に思ってました(笑)

"Jan, 2009."
e0136330_216468.jpg
新宿駅南口の工事(今は終了)は道が歩きにくくて厄介だったけど、工事用の強いライトが入るのが面白かったので、夜にここを通りかかるといつも撮ってました。

"Mar, 2009."
e0136330_2165792.jpg
優等生っぽい写真でアレだけど、そもそもこのモザイクの石畳の路地でこんなシーンに出くわしたことが相当幸運だったなあと今でも考えます。それともいつもここで新聞読んでるのかな。。

"Nov, 2009."
e0136330_2174778.jpg
StarFerryに乗って撮った写真には結構お気に入りが多いです。
マニュアルのカメラでも慌てることなく操作できたりします。
あのフネはきっとアルファ波を出してるに違いないとぼくは睨んでいます。
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-01-11 02:04 | fotography
2010年 01月 10日
「title fotos 2008」
久しぶりにtitle fotosを更新。
ふと気づけば2年ぶんもほったらかしになっていたので、とりあえず2008年ぶんをUP。
>>title fotos 2008.

e0136330_2141599.jpg
title foto of Sep, 2008.


この中で一番気に入っているのはこのあたり。銀塩らしい写真だなと思う。
これらのトビラ絵は月に1枚選ぶその時一番好きな写真なのだけど、こうして、1年を通して並べてみると方向性があるようにも感じるし、まったくないようにも感じる。
ひとつだけハッキリ分かるのは、この2年間でぼくの写真は変化も進歩もしてないなぁということだけである(笑)
[PR]

by jellyfishcafe | 2010-01-10 01:58 | fotography