カテゴリ:Spain2011( 26 )

2012年 11月 11日
「Ibiza -D'alt Vila #2-」
旧市街の頂上はカテドラルがあり、そこを取り囲むように広場がある。
広場のあちこちには多数の砲台が据え付けられていて、ここが単なる教会の街では
なかったことがよく分かる。確かにここからなら海から海賊が攻めてきたとしても優位な
位置から反撃することが出来ただろう。足の遅い当時のフネなら湾に近づくことすら
不可能だったかも知れない。
D‘alt Vilaのこの作りがそのままかつての「戦う島、イビサ」をよく表しているような気がする。

e0136330_123183.jpg
穏やかに見えるけど実は砲台だらけな旧市街。

e0136330_1231226.jpg

e0136330_1232860.jpg

e0136330_124356.jpg

e0136330_1234512.jpg

e0136330_1242099.jpg

e0136330_1242974.jpg
D'alt Vila, Ibiza, 2011.


湾内に突き出た広場の先端からの景色は旅行誌などでイビサ島が取り上げられるとき、
必ず掲載されている定番のランドスケープ。
実際に見てみると確かに撮らずにはいられない美しさだった。
[PR]

by jellyfishcafe | 2012-11-11 01:36 | Spain2011
2012年 11月 01日
「Ibiza -D'alt Vila #1-」
Eivissaの旧市街は「D'alt Vila」(ダルトヴィラ)と呼ばれる歴史地区であり、
かつて要塞都市だったEivissaの面影を色濃く残している場所である。
そしてさほど大きくないEivissaの一番の見所はやはり旧市街ということになる。

D'alt Vilaは高い城壁に周囲をぐるりと囲まれていて、大きな門をくぐって中に入ると
急に街並みが変わる。
前にも書いたがこの旧市街、どこかアラビア風なのだ。アラビアに行ったことがないのに
こう書くのもなんだが、同じ旧市街でもバルセロナあたりのとは全然違う。

e0136330_1182827.jpg
"D'alt Vila"


e0136330_1183973.jpg
入り口はもう要塞そのもの。


e0136330_1184811.jpg
中は美しい街並みが広がる。


e0136330_1185877.jpg


e0136330_11994.jpg
そこかしこに魅惑的な路地が。。



(続く)
[PR]

by jellyfishcafe | 2012-11-01 01:17 | Spain2011
2012年 10月 07日
「Ibiza -Vehicles-」
クルマ繋がりでイビサ写真の続き。
Eivissa市街の街並みは程良く都会的で程良くローカル、そして何より華美でない程度に
上品さがあるのが特徴だと思う。
面白かったのはそんな街並みと対照的なゴツい車をずいぶんと見かけたこと。

e0136330_227763.jpg
Eivissa, 2011.


e0136330_2275438.jpg


e0136330_228357.jpg


このあたりの車、ご想像通りぼくはもう大好きなんだけど、イビサのような地中海の小さな島で
転がすにはかなり使いづらい気もするが果たしてどんなもんなのだろうか。
[PR]

by jellyfishcafe | 2012-10-07 02:04 | Spain2011
2012年 09月 13日
「Ibiza -Eivissa-」
Eivissa(エイビッサ)はイビサ島で一番大きな街、つまり島都である。
Eivissaという呼び名は"IBIZA"のカタルーニャ語読みだそうだが、現地では地図や交通標識でも
街はEivissaと表記されていて、そう書くことで島としてのIBIZAと区別しているようなところがあった。

San Antoniから島の反対側のEivissaまでは車で20分ちょっとというトコロ。
島の中心を貫く高速道路であっという間についてしまうが、2つの街は風景も街を流れる空気も
同じ島内の街とは思えないくらいの違いがあった。

狂乱のSant Antoniを出発してEivissaの街に入ったぼくは思わず舌打ちした。
「しまった。。こっちに滞在すべきだったのだ・・・」
Eivissaはそれほどに美しく気持ちの良い街であった。

e0136330_325938.jpg
"Eivissa"

e0136330_33458.jpg

e0136330_331226.jpg

e0136330_331841.jpg

e0136330_332596.jpg

e0136330_333392.jpg

[PR]

by jellyfishcafe | 2012-09-13 02:03 | Spain2011
2012年 08月 29日
「Ibiza -Café del Mar-」
e0136330_1362834.jpg
"Café del Mar"


Café del Mar。
TechnoやBalearic好きは、イビサと言えばこの名前が頭に浮かぶヒトも少なくないと思う。
ご多聞に漏れずぼくもその一人。
そして自分の中では「いつか行ってみたいけど多分行けないであろう」的な憧れの場所であった。
けれど、そんな自分がここでモヒート飲んで夕陽待ちしてるのだから本当にヒトの明日は分からない。


e0136330_1365452.jpg


e0136330_1372253.jpg


e0136330_1374870.jpg


e0136330_138667.jpg


e0136330_1381576.jpg


音は最高、そしてここから見る地中海の夕陽は聞いていた通りに美しかった。
かつての純粋な気持ちではないにしろ、憧れの場所に立つというのは旅人としてとても感慨深い。
俗世過ぎるSant Antoniの空気には正直落胆していたけど、やっぱり来て良かったなと思った。
[PR]

by jellyfishcafe | 2012-08-29 02:01 | Spain2011
2012年 08月 25日
「Ibiza -Piratas de Ibiza-」
e0136330_2103890.jpg
"Sant Antoni"


「毎日がお祭り騒ぎ」というのは夏のSant Antoniのためにある言葉である。
日中、すでに湘南のように賑やかだったビーチ沿いの街は夕方からさらに一変する。
大型のクラブやビーチバー、そして様々な屋台が林立していている海沿いの通りには日が暮れると、
一体何処にこんなにヒトがいたのかと思うほどどっと人出が多くなる。
おまけに滞在した週末はPiratas de Ibizaのイベントで街は海賊ムード一色。
その妖しさと猥雑感は当たり前だがアジアの夜とは全然違う。


e0136330_211169.jpg


e0136330_2111575.jpg


e0136330_2112490.jpg


e0136330_2113644.jpg


e0136330_2115825.jpg


e0136330_2121287.jpg


Piratas de Ibizaはイビサ島発祥のマルチブランドである。
その昔、交易の要衝だったこの島を狙う地中海の海賊と戦うために、自警団として組織された
イビサ島の海賊がモチーフとなっている。つまりイビサはガチで海賊文化の島でもあるのだ。
その背景から、悪党の代名詞だった海賊もイビサ島の海賊だけは別で英雄として扱われたとか。
海賊に対抗するために海賊を作ったというあたりがどこかマンガチックで面白い。
[PR]

by jellyfishcafe | 2012-08-25 02:22 | Spain2011
2012年 07月 18日
「Ibiza -Sant Antoni-」
再び復活のスペイン写真記。
もう半年以上経ってしまったけど、約束したからにはバルセロナに辿り着くまで意地でも続けます(笑)


e0136330_229191.jpg
"Sant Antoni"


e0136330_2291196.jpg


サン・アントニ(Sant Antoni)はIbiza島で二番目に大きな街である。
その昔、南欧一の夕陽とクラブミュージックの聖地として有名だった街は、今ではだいぶ変わったと聞いていたけれど、そう聞いても長い間一度は訪れてみたいと思い続けていた場所であった。

なだらかな曲線を描く湾に沿って栄えた賑やかな観光地というのがぼくの第一印象。
もちろんビーチもあるし、泳いでいるヒトも少なくない。しかし、バレアレス諸島随一のビーチをフォルメンテーラ島で見てきた後では、あまり風光明媚とは思えず浜辺でのんびりという気分にはなれなかった。
[PR]

by jellyfishcafe | 2012-07-18 02:07 | Spain2011
2012年 03月 07日
「Ibiza -Puerto de Ibiza & Car-」
復活のスペイン写真記はバレアレス諸島のイビサ島からリスタート。

後ろ髪を引かれる思いでフォルメンテーラ島に別れを告げ、午後のフェリーで再びイビサ島に戻る。
行きにも一度見てるのだけどやはり海から眺めるイビサ旧市街はとても美しい。この風景を見ているだけでなんだか高揚してくる。

e0136330_228263.jpg


e0136330_2281078.jpg


港についてまずはクルマを借りに空港へ。
どうしてわざわざ空港ピックアップかと言えば、イビサ港周辺のレンタカーオフィスはシエスタで午後イチから夕方まで閉まってしまうからだ。その点、空港のレンタカーはシエスタ無しで営業している。
スペインに限った話じゃないけど、夏の南欧の旅では日中何をするにもシエスタがついてまわる。
交通手段からメシに至るまで午後に何かする時は必ずシエスタを頭に入れておかなければならないのであった。「平日の午後にサービス業が休むなんて」などとジャポネーゼ発想で考えてはいかんのである。

というわけで空港までタクシーで戻り、レンタカーオフィスへ。
イビサでのお供は予約したコンパクトと違ってシトロエンC4のミニバンだった。
クルマが違うのではと聞くとAVISのおねいさんは「アップグレードしておいたわ☆」と言ってくれた。個人的には海外で運転するならコンパクトカーのほうが好みだが、おねいさんが大層可愛かったのでここは120%の笑顔で「グラシアス!」と言っておく。

e0136330_2282541.jpg


e0136330_2283162.jpg


しかし、初めて乗ったシトロエンのミニバンは予想外に乗りにくかった。
全体的にもわーんとした乗り心地でアクセルやハンドルのレスポンスが一拍遅れてついてくる感じ。運転ポジションもなんだか落ち着かない。おかげで最初はすいぶんクルマをガクガクさせてしまった。
荷物もたくさん積めるしシートも広々していているけど、どうせ借りるならやはり小さくてピリッと走るクルマの方がぼくは好きだ。

そんなこんなで今ひとつフィットしないクルマに苦戦しながらも、イビサ島第二の街サン・アントニに向けてぼくの車は(ガクガクと)走り出した。
[PR]

by jellyfishcafe | 2012-03-07 01:44 | Spain2011
2011年 11月 26日
「Formentera -Face of Sant Francesc-」
フォルメンテーラを発つ前日。
夕方の教会を撮りたかったので時間つぶしに教会広場の端にあるバルで一杯ひっかける。
気候のせいもあるんだろうけど本当にスペインのビールはどこで飲んでも美味い。

e0136330_2292852.jpg


このぐらいの時間になると通りや広場にどんどんヒトが出てくる。
夕涼みを兼ねてなのだろう。あちこちで女性や子供たちの輪が出来る。
そしてオジサン達は早くもバルで飲み始める(笑)

e0136330_2294837.jpg
こういう光景は世界共通である。


e0136330_230182.jpg


e0136330_2302250.jpg
連れが挨拶をしたら、なんとお辞儀をしてくれた小さな女の子。


その後も通りをあちこち散策しながら写真を撮った。
こういう時間のために旅をしていると言っても良いくらい楽しい時間だった。

小さくて素朴で明るい笑顔のあるSant Francesc。
フォルメンテーラ島に行く機会があったなら、是非訪れてもらいたい場所だ。





[PR]

by jellyfishcafe | 2011-11-26 02:28 | Spain2011
2011年 11月 21日
「Formentera -Church of Sant Francesc-」
さて。フォルメンテーラの旅でぼくが一番気に入ったのがSant Francescの教会である。
最初に見た瞬間、一発でやられてしまった。
石作りで正面だけに白い漆喰の化粧が施されているとても小さな教会。まるで子供がペンで線を描いたような素朴な建築なのだけど、なんとも愛らしく暖かみを感じる佇まいで見ているだけで癒される。
生活に密着したこうした優しい建築にとにかく心を打たれてしまう。サグラダ・ファミリアもそりゃ立派だったが、ぼくはこの教会のほうが好きだ。

e0136330_1503963.jpg
"Church of Sant Francesc"


e0136330_1505173.jpg


e0136330_151052.jpg


e0136330_1513396.jpg


e0136330_1515836.jpg


e0136330_152524.jpg


あまりにこの教会が気に入ったので、他に大した用もないの滞在中に何度もここを訪れては教会を見物した。
教会広場の端にあるバルでビールを注文し、そこから時間と共に移り変わる教会の姿を飽きずに眺めていた。(連れは飽きていたが。。笑)
[PR]

by jellyfishcafe | 2011-11-21 01:54 | Spain2011