「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:Jellyfish的散歩( 3 )

2012年 10月 10日
「New and Old」
週末、用事を済ませたついでに保存復原が終わった東京駅丸の内駅舎を眺めてきました。
夜だったので煉瓦の鮮やかな色は見られなかったけど、LEDでライトアップされたかつての
美しき「帝都の玄関」を見ることが出来ました。

感想としては「保存し、復原する」ということはプライスレスだよなあと思うことしきりです。
たぶん事業としては古い駅舎を壊して新しいカチカチな駅舎(たぶん安藤忠雄デザイン)
を作ったほうがすごく簡単だったと思うのだけれど、もしそうだったら人々の目をこれほどにも
惹き付けることも感動させることもなかったと思います。
丸の内駅舎の保存復原に尽力した人々に心から敬意を表したいです。

e0136330_273140.jpg
"New (and Old) Tokyo Station."


e0136330_281728.jpg


e0136330_284098.jpg


e0136330_285450.jpg

正面玄関前にて。
隣にいた学生らしき若いカップルが
「この真ん中には入れないのな?」
「ん、まだ工事中なんじゃないかな?」
「あ、ロープ張ってあるね」
という会話をしてるトコに、後ろにいた年配のオジサンが
「ここは天皇陛下だけが使える入り口なんだよ」
と話しかけると、カップルがぜんぜん信じず
「ウッソだあ~?(笑)」
と笑い飛ばしていたのがすごく印象的でした。
ウッソじゃないのよ、お二人さん。


e0136330_29315.jpg


コンデジ片手にふらふら行ったのだけど、主な撮影ポイントにはスタビ付きの三脚に
フルサイズ一眼を据え付けたその筋のヒト(笑)がたくさんいてびっくり。
そしてその他とにかく見物に来てる人出の予想以上の多さにさらにびっくり。
もう少し時間が経って、ほとぼりが冷めた頃にまたゆっくり眺めに行こうと思います。
[PR]

by jellyfishcafe | 2012-10-10 01:55 | Jellyfish的散歩
2011年 11月 30日
「そこにあった過去」
当たり前のことだけど、ぼくらが生活している場所には時の流れがある。
それは身近なところでは「この100円ショップが出来る前にはラーメン屋があったのだ」だったり、スケールの大きなところでは「ここらへんはのう。大昔は海の底だったのじゃ」だったりする。
とは言っても日常それを特に意識するようなことはないわけで、たとえ聞いても「ふーん」程度の感覚しか持たない。もちろんぼくもそうだ。
けれど、時に「確かにそこにあった過去」の痕跡をまざまざと見せ付けられてハッとすることがある。


JR有楽町駅前広場の中心に一風変わったベンチスペースがあるのをご存知だろうか。
パッと見は、ただの岩石を横に並べたようでお世辞にもベンチとしては使いやすそうには見えないのだけど、実はこれ、大岡越前守でお馴染みの江戸南町奉行所の痕跡なのであった。

e0136330_3282617.jpg
一見何でもないがよく見るとなんだか不自然さが漂う。


e0136330_3283561.jpg
有楽町駅前再開発の際に出土した江戸南町奉行所の石垣を残してある。


e0136330_329869.jpg
発掘時の状況などを説明するプレートがあった。


さらに広場から階段で地下通路に降りたところには発掘で出土した穴蔵の一部も展示されている。
こちらはもっと分かりやすく展示されているけど、足を止めるヒトはほとんどいないようだ。

e0136330_3284756.jpg


e0136330_329267.jpg


ちなみに江戸南町奉行所はとても大きな施設で有楽町駅前から、現在の丸井、イトシアプラザの先まで敷地が広がっていたらしい。
大岡越前守が名裁きを見せた御白州の場はちょうど現在メガネスーパーがあるこの辺りだそうだ。

e0136330_3294172.jpg
「大岡裁き」のリアルな現場。今じゃとてもそうは見えないけど(笑)


自分の立っている場所にそんな光景が拡がっていたのかと想像すると、「過去はその時確かにそこに存在した」のを強く感じる。マンガでもなくTVの時代劇でもない現代と繋がっている本物の過去。
そんなことを実感できる体験は人生にとってそう悪いもんじゃないと思う。
[PR]

by jellyfishcafe | 2011-11-30 02:07 | Jellyfish的散歩
2011年 08月 31日
「渦巻く街」
有楽町はなかなか面白い街だ。
隣接する2つの街、銀座と新橋からスノップな風と庶民的な風の両方が音を立てて流れ込んでくる街。そしてそれぞれがなかなかうまく混ざり切れないずにぐるぐると渦巻いているような街だと思う。

駅前周辺は大掛かりな再開発のためにデパートと商業ビルだらけ。でもちょっとした隙間に入りこめばかつての街の面影がたくさん残っている。特にガード下など節電中の今ならもれなく昭和のの雰囲気を味わえる。


e0136330_1351097.jpg


e0136330_1352099.jpg


e0136330_1352915.jpg


e0136330_1353830.jpg



自分が年齢を重ねたことを実感するのが、街を歩いているときの感情である。
以前はこうした場所を通ってもなんとも思わなかった。せいぜい「暗くてキタネー通りだなぁ」くらい。けれど今はこうした小さなモノや些細なコトにいちいち心を動かされる。それも結構大きく。

年をとるというのは、感性が小さな物事を拾い上げられるようになるということなのかもしれないと最近つくづく思ったりする。
もちろんその代わりに「出来なくなること」も数あるのだけど(苦笑)
[PR]

by jellyfishcafe | 2011-08-31 01:39 | Jellyfish的散歩