「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:Kansai2011( 4 )

2011年 05月 16日
「KyotoTram」
トラムネタをもう1つ。
京都で連れが嵐山に行ってみたいと言うので、地図でアクセスを調べるとバスの他に「嵐電嵐山本線」という路線があることを知った。
その日の京都市内はGW渋滞のピークだったのでバスは果たしていつ着くか分からない。ここは鉄道だろということで地下鉄の駅員さんに聞いてみた。
「この嵐電というのはこのフリーパスで乗れますか?」
すると彼女(女性駅員さん)は
「あぁ嵐電はこのパスじゃ乗れないんです。路面電車なので」
とさらりと言った。
「なに!路面電車ですと!?」
それを聞いた途端に人ごみに萎えていた心に電流が走り、歩き疲れた足に急にチカラがみなぎってきた(笑)
そんなわけで何の予備知識も持たないまま訪れた通りすがりのオトコは幸運にも、京都を走る路面電車「京福電気鉄道嵐山本線」に乗ることになった。


e0136330_1443444.jpg
「嵐電天神川駅電停前」


e0136330_1554966.jpg
「嵐電嵐山本線車内」


地下鉄から直結している嵐電天神川駅から乗車。
「"らんでんてんじんがわ"ってスゴい駅名だなあ。「ん」が4つも入っている駅名はそうそう無いよこれは」などと言っていたのだが、この後、愚かな旅人は嵐電の本当の実力を思い知ることになるのであった。


e0136330_1521575.jpg
次々と現れる激しく心惹かれる美しき駅名。
「蚕ノ社」(かいこのやしろ)
「太秦広隆寺」(うずまさこうりゅうじ)
「帷子ノ辻」(かたびらのつじ)


さすがは悠久の京(みやこ)である。
昔の面影を残す名前なんてレベルじゃなく、ダイレクトに歴史の事象そのものが名前になっている。
嵐山に着く頃にはもうぼくは完全にノックアウト状態になっていた。


e0136330_211610.jpg
「嵐電嵐山駅電停」


e0136330_283662.jpg


e0136330_202861.jpg
通常、嵐電嵐山本線は1両での運行らしいがGW対応で2両編成運行になっていた。
パープル×クリーム色の2両編成の車両が珍しい。あえてパープル×パープルとか
クリーム×クリームと色を合わせないところが京の粋?



おかげで嵐山までの道程の間、路面電車と沿線の駅や景色をたっぷり楽しむことが出来た。ところで目的の嵐山だけどここでは特に触れない(笑)あの恐るべき人口密度の嵐山が本来の嵐山ではないと思うからだ。つまりは嵐電も含めてココもまた出直す必要があるということである。

自分で言うのも何だけど、本当に路面電車が好きだ。大して「鉄」でもないのにどうしてこんなに惹かれるのだろうと自分でも不思議だ。はっきり分からないけれど、たぶん基本的に異邦人な存在である旅人が、訪れた旅先の「日常」に入り込むもっとも手っ取り早い手段が路面電車だからじゃないかと思っている。

そんなこんなで嵐電のパープルカラーが、京都サンガの色と同じだと気づいたのは大阪へ戻るJR新快速の車内でのことだった。
[PR]

by jellyfishcafe | 2011-05-16 01:41 | Kansai2011
2011年 05月 12日
「OsakaTram」
見たよ乗ったよ阪堺電車。
大阪に行ったからには、例えたこ焼を食い忘れても阪堺電気軌道は見ておかないといけない。トラム好きとしてこれはもう使命のようなものだ。(いや、たこ焼もしっかり食べたけど)
というわけでGW真っ只中のとある午後、地元のがちゃこさんに案内していただき、念願のチンチン電車@大阪見物に出かけた。


e0136330_22104553.jpg
「阪堺電気軌道阪堺線恵美須町電停」


e0136330_22133819.jpg
モ501形-501 (1957)
「モ501は通称雲電車と呼ばれる特別塗装を施している。2008年6月より就役50周年を記念してステッカーが貼られている。2010年8月には上半分の塗装がオレンジ色から黄色に変更された。(wikipediaより)」


e0136330_22215992.jpg
モ501形-501 運転席


e0136330_22231754.jpg
モ501形-501 車内

車内に乗って感じたのは、思ったよりも横幅があること。
スリムな香港トラムはもちろんだけど、都電荒川線あたりと比較しても明らかに車内が広く感じる。
調べてみると阪堺電車のレール幅は1,435mm、都電荒川線の1,372mmに比べて6センチ以上広い。そのため車両のほうも幅広設計なのだろう。


e0136330_22341295.jpg
モ701形-704 (1987) 住吉電停付近


e0136330_22354568.jpg
「阪堺電気軌道上町線天王寺駅前電停」
右手が何かとウワサのあべのマーケットパーク "キューズモール"。GWということもあって大変な人出であった。



阪堺電気軌道は電車はもちろんだけど、路線をとりまく街の風景にも魅力的なところが多かった。
今回は移動しながらの見物だったのでその都度降車してというわけにはいかなかったが、次回はぜひロケの良いところに張り込んで写真を撮りたい。古い車両も走っていたし、塗装のバリエーションも豊富なのできっと半日くらい眺めてても飽きないと思う(笑)
[PR]

by jellyfishcafe | 2011-05-12 22:54 | Kansai2011
2011年 05月 10日
「タワー三景」
あらためて考えてみると日本人は本当に「タワー」が好きだ。
なんちゃらタワーと呼ばれる建物はそれこそ世界に山ほどあるが、こんなに小さい国にこれだけの密度でランドマークとしてのタワーがある国はそうそうないと思う。


e0136330_2363741.jpg
Kyoto Tower (since 1964), Tsutenkaku (since 1912), Kobe Port Tower (since 1963)


京都タワーは思ったよりシンプルで好印象。ただかつて景観論争で大きく争った理由もなんとなく分かる気がした。個人的には今となってはタワーのようなものがないことが、より京都のスペシャル感を高めるような気もする。何しろ○○タワーは日本全国津々浦々にあるのだし。
神戸のポートタワーはちょっとスノップな感じがするところも含めて街の雰囲気をよく象徴してしているように思う。タワーとしてのデザインも美しい。

3つの中では通天閣が好きだ。見掛けのスマートさは皆無(失礼)だけど、ヒトが作り出した構造物としての汗臭さみたいなものを感じるし、何より大阪という街に完全に溶け込んでいる、というかむしろ通天閣を前提に街があるといっても良いくらいの圧倒的一体感がある。
きっとコレが時代が変わっても近代的なハイタワーにちっとも引けをとらない理由なんだろうなぁと、通りすがりの北関東人は思った。
[PR]

by jellyfishcafe | 2011-05-10 01:56 | Kansai2011
2011年 05月 08日
「K.O.K.」
この連休は関西へ。
大阪をベースに京都や神戸を徘徊してきました。
国内にまとまった旅行に出かけたのは、簡単に思い出せないほど久しぶり。


e0136330_1571555.jpg
@Kyoto.


e0136330_1575020.jpg
@Osaka.


e0136330_158439.jpg
@Kobe.


日々当たり前のように続いていた余震生活から、しばし解放されて街と食を満喫しました。
数日の滞在だったのでそれぞれの街をちょっとだけ覗く旅でしたが、関西在住の友人の案内や情報のおかげで内容的にはとても充実した旅でした。
サポートしてくれた皆さんに心から感謝。関西は楽しい。また遊びに行きます。
[PR]

by jellyfishcafe | 2011-05-08 01:54 | Kansai2011