カテゴリ:I thinking( 87 )

2015年 12月 31日
「2015-2016」
e0136330_17333542.jpg


2015年ももうすぐ終わり。
去年の今日の日記を見返してみると、
「2015年は少しでいいから周囲を眺める余裕がもてる一年にしたい」的なことが
書いてありました(もう全然記憶にない。笑)
そういう視点で振り返ってみると、今年は確かに少し精神的余裕があった一年だった
ように思います。バタバタしても一歩下がって眺める目を持てたというか、良い感じに
巻き込まれなかったというか。
そういう意味では個人的には良き一年でした。

その一方、今年は本当に世の中が動いた一年でありました。
良い悪いは別にしても、従来のルールを越えて社会が新たな一歩を踏み出したことも
色々多かったし、中東で起きている出来事と世界が密接にリンクしていることに気づく、
いや、否が応でも気づかざるをを得ないような「連鎖」を世界の人々が目の当たりにした
一年だったと思います。

果たして2016年はどんな年になるのか今や想像もできませんが、願わくば僕みたいな
暴力や武器の脅威の心配をせずに旅に出かけて、街角で笑ってビールを飲める世界で
あって欲しいと心から思います。

さて、2015年のJellyfishcafeはこれにて終了です。
引き続き発作的更新の中のご愛読に心から感謝します。
みなさんどうぞ良いお年を。





[PR]

by jellyfishcafe | 2015-12-31 17:44 | I thinking
2015年 10月 03日
「契約の向こう側」
『<インドネシア高速鉄道>中国案、用地取得など波乱含み』
日本と中国が受注を競ってきたインドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画で、インドネシア政府は29日、中国案を採用する方針を日本側に伝えた。海外輸出の実績作りのためになりふり構わぬ売り込みを貫いた中国と、インフラ整備で外資に依存せざるを得ないインドネシア側の事情が一致し、日本の新幹線案は撤退を余儀なくされた形だ。ただ中国案にも課題は山積し、予定通りに実現するかは不透明だ。


高速鉄道は敷設や運行管理はもちろん、その後の維持整備や更新に至るまでそれ相当のリソースが
必要になる。どれかが疎かでも安全に営業運転出来ないし続かない。どんな国のどんな場所にでも
作れるというものじゃないのだ。だからこそ輸出にあたっては当事者国の財政負担や債務保証が
大切になる。それは金の話をちゃんとするという意味もあるけど、鉄道計画を互いの国が責任背負って
完遂しようという意思を担保するという意味合いも強いと思う。政治も社会も異なる異国同士の事業では
何か問題が起きたときの責任の所在や問題を乗り越えるためのベースとしてこうした契約が強く効いてくる。
今回のインドネシア案件はそのへん全部すっ飛ばしてただのダンピング合戦になってしまった。
誓ってもいいけど投げ売りで高速鉄道は走らない。そういう条件の場所にはもともと高速鉄道なんて
オーバースペックで必要ないのだ。
売り込みが仕事の人達は心中穏やかじゃないかも知れんけど、作り手側からすれば今回の案件は
むしろ歪な形で日本に決まらず良かった~と正直ホッとしてたりする。
今後のチャイナのお手並みを興味深く拝見したいところ。





[PR]

by jellyfishcafe | 2015-10-03 01:42 | I thinking
2015年 08月 06日
「0806-2015」
e0136330_035376.jpg


70年目のヒロシマの夏。
70年経ったから何が特別というわけじゃないのだろうけど、一つの節目には違いありません。

世界から戦争を無くすことは出来ないかもしれないけど、核兵器を無くすことは必ず出来る。
長らくそう信じています。

もう何度も言ってるけど何度でも言うし毎年書きます。それが僕の反核兵器運動です。




[PR]

by jellyfishcafe | 2015-08-06 23:50 | I thinking
2015年 07月 21日
「Keen eyes」
先日、雑貨セレクトショップのSALEに行った妻が「椅子を気に入ったので買った」と言うので、
冥王星の画像を精査するので多忙なワタクシは「ふーん」とあまり気にしないで聞いていた。
しかし、今日届いた現物を見てびっくり。フリッツ・ハンセンのDROPチェアであった。

e0136330_1511296.jpg
"Drop"


家具の知識などあまりない僕でもこれくらいは知っているという一品である。
ちなみに妻は家具の知識はゼロ。フリッツ・ハンセンもヤコブセンも何にも知らない。

女のヒトというのは実に不思議な生き物である。
製品のスペックや背景なんて何一つ知らなくても、いわゆる名品を直感だけで選んでくる。
その選択眼のベースには「可愛い/可愛くない」「好き/好きじゃない」というあまりにシンプル
すぎる指標しかない(褒め言葉です念のため)のに、なんだかまるでモノの良し悪しを一瞥して
見通せるかのようである。
このあたりの感覚はたぶん男が一生かかっても理解できないものなんだろなと思う今日この頃。





[PR]

by jellyfishcafe | 2015-07-21 01:55 | I thinking
2015年 07月 01日
「無力感の夜」
>>『東海道新幹線放火 火をつけて死亡した男の身元判明 新幹線初の「列車火災事故」』
30日午前11時半ごろ、神奈川県小田原市上町付近を走行中の東京発新大阪行き東海道新幹線「のぞみ225号」車内で起きた放火事件で、神奈川県警は火をつけて死亡した男の身元を東京都杉並区西荻北の林崎春生(はやしざき・はるお)容疑者(71)と発表した。
一方、国土交通省は同日、東海道新幹線の火災について、新幹線では初の「列車火災事故」と認定した。


どれほど車両や軌道・設備を地震に強くしても、
どれほど運行管理システムを緻密に作り上げても、
4重化FTCまで使って高可用性を上げようとも、
ネジの一本、基盤一枚まで厳選して信頼性を上げようとも、
そのために大勢の人々が昼夜を問わず必死に働いても、

たった一人の愚かな人間の行為でその全てが水の泡と化してしまう。
一体僕たちがやっていることは何なのだろう。無力感しか感じない夜。

(追伸)
この件を「列車火災事故」と呼称するのは我慢がならない。
これは「放火事件」だ。それ以外の何物でもない。





[PR]

by jellyfishcafe | 2015-07-01 01:41 | I thinking
2015年 06月 19日
「香港是香港人的香港」
>>『香港議会、選挙改革案を否決』
香港(Hong Kong)の立法会(議会)は18日、中国政府が支持する香港行政長官選挙の制度改革案を否決した。同改革案は、2017年の次期行政長官選挙で香港市民に1人1票の直接選挙を認めているものの、立候補については中国政府寄りの「指名委員会」が承認する候補者以外は認めない内容で、野党議員や民主派の活動家らは「偽の民主主義だ」などと反発。市内では大規模な抗議行動が起きていた。


香港立法會で選挙改革法案(中国案)が否決。
あちこちから聞こえてくるのは「これは勝利ではなく始まり」の声が多い。実際香港が
おかれた状況は何一つ好転したわけではないから確かにその通りだと思う。
大陸だって懐柔策がダメなら今後は本格的にチカラで押し込んでくるかも知れない。

そういう意味では今日はとにかく未来に繋がる一本の糸が切れずに残っただけ。
けれど、その糸が思ったよりもずっと丈夫で強い糸だったということが分かった一日でもあったと思う。
まあでも今夜くらいはささやかに祝杯をあげてもいいんじゃないかな(笑)
香港是香港人的香港。僕はこれからも香港と香港を守ろうとする人々の味方です。

e0136330_217631.jpg
Causeway Bay, Hongkong, 2014.






[PR]

by jellyfishcafe | 2015-06-19 02:19 | I thinking
2015年 01月 24日
「拠りどころ」
e0136330_429255.jpg


僕らは皆何かを「拠りどころ」にして生きている。
ある人は恋人や家庭であり、ある人は仕事であり、
ある人は自らの思想信条であり、ある人は好きな本や映画だったりもする。
「信仰」もその最たるものだ。僕自身は信仰を持っていないけど、他人の信仰は
もっとも敬意を払うべきものの一つだと知っている。

けれどしかし。
その信仰のために、異教徒を殺し、街を破壊し、本を焼き、他人の自由を束縛する
ことは果たして許されるのだろうか。
世界はそんな自分勝手な連中の「拠りどころ」のためにどれほど寛容でなければ
ならないのだろうか。
人間を幸福にしない宗教は存在価値がない。心からそう思う。





[PR]

by jellyfishcafe | 2015-01-24 03:16 | I thinking
2014年 12月 31日
「2014-2015」
e0136330_18545998.jpg


2014年ももうすぐ終わり。
今、去年の2013年最後の日記を読み返していたのだけれど、ぼくの去年は
良いこと悪いことが満載の「白と黒の一年」だったらしいです。(既に他人事。笑)
2014年はどちらかというと良いことの方が多かったけど、それを手放しで
喜んでいられないほど目まぐるしくせわしない1年間でした。
冗談抜きで一週間が三日間くらいの速度に感じることの連続で、そうこうしてる
うちに年末になっていたというのが正直な感想です。
そういう意味では「急」の一年だったと思います。

2015年はほんの少しでいいから周囲を眺める余裕が持てる一年になるといいなと
思う年の瀬です。

さて、2014年のJellyfishcafeはこれにて終了です。
今年はあまり更新できずblog的には不完全燃焼の1年でもありました。
そんな中での1年間のご愛読に心から感謝します。
みなさんどうぞ良いお年を。
[PR]

by jellyfishcafe | 2014-12-31 18:57 | I thinking
2014年 11月 13日
「R.I.P.」
先々週のこと。
会社の先輩が自宅で倒れて亡くなられた。死因は脳内出血。
同じグループなので前日まで一緒に会議にも出ていたのだけど、その時はまったく普通で
病気の兆候などまるでなく、本当に突然の死だった。

彼はぼくが今の仕事に就いたときの最初の上司で、新人の頃から長い間同じチームで
働いた。新潟の出身でぼくより5歳年上、一人っ子で寡黙、いつも飄々として冷静、
技術者としては一流、でも人付き合いは基本的に苦手。そんなヒトだった。
ここ10年は直接の所属が離れてしまったが、毎日のように顔を合わせていたし、いつでも
そこにいるのが当たり前のような存在だった。
その人が消えた。本当に消えたという表現しか思い浮かばないほど突然のことだった。

「人生は短い」と良く言うけれど、その言葉の持つ本当のリアリティを初めて実感した。
当たり前のようにやってくる明日はないのだ。ぼくらはみんな奇跡の毎日を生きている。
そんな風に思った。
Hさん色々とお世話になりました。どうか安らかに。
[PR]

by jellyfishcafe | 2014-11-13 01:46 | I thinking
2014年 08月 06日
「0806-2014」
e0136330_294534.jpg


毎年この季節になると「戦争犯罪」という言葉を耳にすることが多くなる。
それは大抵かつての日本の所業に向けて語られるばかりの言葉なのだけど、非武装の
市民10数万人が暮らしていた都市をまるごと殲滅させた1945年8月6日のヒロシマが
「戦争犯罪」じゃなかったら一体何が「戦争犯罪」なんだろうといつも思う。

核兵器の存在自体が生命に対しての「罪」。
そのことに気づいて数十年経つけれど世界はまだそれを手放せないでいる。
[PR]

by jellyfishcafe | 2014-08-06 23:23 | I thinking