2015年 10月 28日
「鱒の森30」
鱒の森記No.30は「10年もののトラウトギア」特集。
事前のアンケートであなたの10年ものは何ですか?という質問がありました。
その時は「10年ものねえ・・。単純に長く使ってるものはあるけど、これ!と拘りが
あるものってあんまりないかな」と思ったのだけど、あらためて後から考えてみると
「これが無くなったら次に何を買えばいいか素直に困ってしまう」というものは、次々と
出てきて、そうか僕みたいな日和見アングラーにもちゃんと10年ものあったんだと
何故か安堵しました(苦笑)

特集に並んだ様々なアングラーの「10年もの」は「やっぱりコレは入るよな」という
ものから、まったく自分のスタイルでは考えられない感心するばかりのギアまで、
どこを読んでも実に魅力的。執念を感じるカーディナル3のレポートといい、
30号記念にふさわしい編集諸氏の荒い息遣いを感じる号でありました。

e0136330_1235781.jpg
Thx to Masunomori editor.


そんな鱒の森No.30、僕のゆるゆるコラムでは東南アジアでちょっと真面目に
考えた釣り人の繋がりについて書かせてもらいました。
ご一読いただければ幸いです。




[PR]

by jellyfishcafe | 2015-10-28 01:33 | Fishing


<< 「Viva la HCMC #7」      「Viva la HCMC #6」 >>