2011年 02月 04日
「鱒の森9」
鱒の森No.9は恒例のサクラマス特集。
サクラマス釣りをやらないぼくにとってこれは季節の便りでもあります。毎年、この時期にこの特集のページを開くと「そうか、もうじき渓流も解禁か」と実感できるのです。

そんなぼくですが、サクラマスについての記事を読むのはとても好き。
この美しくも希少な魚を追い求めている釣り人には様々なスタイルの方がおられるようですが、魚に対するひたむきさという点で共通しているように思います。
何しろ魚と出会う確率が少ない釣りだけに、数少ないチャンスに如何にして確実に魚を手にするか、一瞬に賭ける情熱が半端じゃあない。ラインシステム1つでも様々な人の自分なりの試行思索がそれを語っています。
日和見アングラーなぼくが全く持っていない部分だけに、そうした各々の情熱が伝わるサクラマスの記事にはとても惹かれるものがあるのです。

e0136330_147931.jpg


そんな「鱒の森」No.9。
せめての持ち味を生かすべく、今回も日和見なコラムを書かせてもらってます。
ご一読いただければ幸いです。
[PR]

by jellyfishcafe | 2011-02-04 01:45 | Fishing


<< 「Jellyfish is D...      「Burned with De... >>