2009年 11月 28日
「注釈の多い旅の始まり」
今回の旅はスイスエアー*1のチューリッヒ経由で手配。
過去のイタリア行きでは、今や瀕死のアリタリア航空、同じく瀕死のJAL(苦笑)、そしてフィンランド航空と行く度違う航空会社だったのだが、今回もそうなった。

とは言うものの、別にスイスエアーを選んだのにも特別な理由はなく、単純に価格と乗り継ぎの便利からだったのだけど、結果的にちょっと嬉しいことが2つあった。
1つは行きのチューリッヒまでの便がビジネスクラスにupされたこと。
もう1つはチューリッヒ-フィレンツェ間のフライトで、以前から気になっていた飛行機に乗ることが出来たことだ。
それがこのAvro RJ100
かつて欧州戦線で活躍した英国の爆撃機と同じメーカー名を冠するこの飛行機*2は、ヴァンターやフランクフルト空港でも何度か見かけていて、そのまさしく軍用輸送機のようなルックス*3がとても気になっていたのだった。

スイスエアーは欧州圏内の近距離路線でこの機体を数多く運用しているようだ。
チューリッヒのトランジットゲートでホゲーと待っていたが、自分が乗る便の機材がコレだと分かった瞬間、飛行機好きの血が一瞬にして沸騰(笑)、写真を撮りまくり完全にお子様の眼で搭乗した。

e0136330_392522.jpg

e0136330_393473.jpg

e0136330_395096.jpg


高翼式四発のずんぐりとしたボディはいかにもSTOL性*4と低騒音に優れていそうだが事実その通りだった。
そして何より、ランウェイ上で一旦停止から一瞬の間の後に弾かれたようにロケットスタート、すぐに機首をあげるコンバットスタイル風の離陸がたまらなかった(笑)

e0136330_310057.jpg


そんなちょっとヲタクな香りのする旅の始まり。。


<注釈>
*1:厳密には「スイスエアー」は既に破綻・消滅したスイス航空の呼称であり、
  現在のスイスインターナショナルエアラインズ(ルフトハンザ経営)の呼称は
  "SWISS"(スイス)なのだが分かりづらいので、通りがよいスイスエアーで表記。
*2:実際には紆余曲折あって現在のAvroはかつてのAvroとの血縁は殆どない。
*3:事実、軍事転用可能な輸送機型も存在する(採用はされず)。
*4:短距離離着陸性のこと。
[PR]

by jellyfishcafe | 2009-11-28 01:36 | Italia2009


<< 「Six years later」      「Lost ability」 >>